顔のシミが消える?尿素入り化粧水の効果とは

顔のシミが消える?尿素入り化粧水の効果とは

加齢とともに深刻な肌悩みの一つとなる「シミ」。どんなに小さなシミでも、見付けた時のショックは大きいですよね。

コンシーラーやファンデーションで隠しながら過ごしていても、できることなら素肌から消えて無くなってほしい!女性なら誰しもそう思うはずです。

色々な美白化粧品を試したけど、これといって大きな効果は無かった、シミを取るためのレーザー治療もあるけれどそこまでの勇気は出ない、できることならホームケアでどうにかしたい…。

そんな女性たちの間で今密かに、「尿素でシミが消える」という情報が飛び交っているのをご存知ですか?今回は、そんな噂を徹底的に調査してみたいと思います。

そもそもシミって何?

一般的に「シミ」というのは、皮膚の中でメラニンが蓄積され、黒っぽく見える部分のことを言います。原因はいくつかありますが、80%は紫外線によるものだと言われています。

では、なぜ紫外線でシミができるのか?シミができた肌はどのような状態なのかについてご説明します。

シミができるメカニズム

紫外線を浴びると肌の細胞内でメラニン色素が生成され、皮膚を黒くする、いわゆる「日焼け」の状態になります。日焼けは肌のターンオーバーと共に徐々に薄くなり、元の肌色に戻ります。

しかし、長期的な紫外線からの刺激やターンオーバーの乱れにより、メラニンが皮膚の中から排出されにくくなることがあります。

そうなると、メラニンが皮膚の内部に蓄積される状態に。そして、蓄積されたメラニンは黒っぽいシミとして肌に表れるのです。また、紫外線以外にもニキビ跡やホルモンバランスの乱れなど、肌に与えられた刺激によってメラニンは生成されます。

正常な新陳代謝が行われていればメラニンは排出されていくものですが、長期的な刺激の継続や過剰な炎症などによってはうまく排出できず、メラニン色素が沈着してしまうことがあるのです。

シミができるメカニズム

メラニンは邪魔者?

メラニンが生成されなければシミが出来ることはありません。だったらメラニンなんていらないじゃない!と思うかもしれませんが、メラニンは肌が受ける様々な刺激から細胞を守るために必要な成分です。

もしメラニンが存在しないと、紫外線などの刺激を直接受けてしまうことになり、肌荒れや病気、更には皮膚癌などのリスクが高くなってしまうのです。

慢性微弱炎症

最近分かったことですが、シミができている部位は「慢性微弱炎症」を起こしている可能性が高いと言われています。「慢性微弱炎症」とは、常に弱い炎症が起き続け、メラニンが生成され続けてしまうという悪循環に陥っている状態のことです。

「慢性微弱炎症」の原因についてまだはっきりと分かっていませんが、肌への刺激、ストレス、ホルモンバランスなどが関係しているようです。

慢性微弱炎症

尿素を知ろう

秋冬の乾燥した季節になると、尿素配合のクリームなどが店頭に多く並ぶのを見たことがあると思います。ハンドクリームやかかとの角質専用クリームなど、種類も様々ですよね。

まず、尿素はその名の通り、尿の中から発見された物質です。尿素とはもともと人が持っている成分で、肌の表皮にも約7%含まれていますし、人間の汗にも含まれている成分です。

尿素の塊

尿素のメリット

前述したように、尿素はヒト由来の成分なので比較的安心して使用できるメリットがあります。他にも、水分を吸着して保持する働きがあるので、優れた保湿能力があります。

また、肌を柔らかくする「角質溶解作用」があり、肌のターンオーバーが上手くいかず、ゴワゴワとした肌を柔らかくするメリットがあります。

また、「角質溶解作用」は、ヒジやカカトなどの硬くなった角質を柔らかくするのにとても効果的なので、尿素が配合されたボディークリームが多いのです。

尿素のデメリット

尿素の力を借りて強引にターンオーバーを促進させ続けると、肌の表面が薄くなる菲薄肌になってしまうデメリットがあります。

菲薄肌とは敏感肌と同じ、肌のバリア機能が低下した状態です。ちょっとした刺激にも過剰に反応してしまう弱々しい肌になりかねません。

ここまで読んで頂いた方の中で、尿素がピーリングに似ていると感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、尿素のメリットとデメリットはピーリングとほぼ同じであると考えてもいいと思います。

尿素はシミに効果がある?

結論から言うと、「尿素でシミが消せる」と断言できません。しかし、間違った使い方をしなければ、少なからずシミに対しての効果を期待してもいいと言えます。

ただ、尿素は使い方が難しい成分だと思います。正しい尿素の使い方を知り、自分の肌と相談しながら使用することをお勧めします。

尿素はシミに効果がある?

尿素の美白効果

シミと聞くと「美白」という言葉が一番に思い浮かぶ方も多いと思います。しかし、尿素に美白効果はありません。

あくまでも肌のターンオーバーを促進してシミを薄くすることが目的です。尿素を使っても肌は白くなりませんのでご注意下さい。

尿素配合の化粧品について

尿素が配合された化粧品は多くありますが、尿素の濃度が濃ければ濃いほど、角質溶解作用も強いということになります。

基本的に、顔に使用する化粧水などへ尿素の配合量は3%以下が適正とされています。

参考までに、ひじやかかとの角質に塗るタイプのクリームの尿素配合濃度は10~20%、ハンドクリームはだいたい10%前後といったところでしょうか。

ひじやかかと用のクリームは高濃度で、濃度20%のものは「医薬品」扱いになり、15歳未満の使用は控えるようにと記述されたものもあります。

それだけ尿素の副作用には注意すべきであるということですね。

尿素入り化粧品の注意点

注意点を簡単にまとめました。

  • 尿素配合の化粧品を顔に使う場合は、尿素の濃度が3%以下のフェイス専用であることを確認してください。間違っても、かかと用クリームやハンドクリームを顔には塗らないでくださいね!
  • シミを集中的改善したい人は、気になる部分にだけ綿棒などで軽くパッティングすることをお勧めします。ターンオーバーの遅れたシミの蓄積されたメラニンの排出を早めることが期待できます。
  • 少しでも刺激や違和感を感じたらすぐに使用を中止してください。いくら安全な成分と安全な濃度であっても、合う、合わないの個人差はあります。
  • 長期的に使い続けるのは止めましょう。肌の菲薄化が進みバリア機能が低下してしまいます。ある程度、肌のゴワつきが改善し、柔らかくなったら一旦、尿素の使用はストップしましょう。
  • 敏感肌の方は使用を避けるか、最初にパッチテストを行ってから使用しましょう。
  • 尿素でシミが改善しない場合や、炎症がひどくなった場合は、慢性微弱炎症状態に作用するトラネキサム酸などを使うようにしましょう。
  • 10代~20代の方はまだターンオーバーも正常な場合が多く、尿素で更に肌の新陳代謝を促進してしまうと菲薄肌の原因になってしまいます。ターンオーバーが正常な人は尿素の使用をお勧めしません。
  • ピーリングとの併用は注意が必要です。肌の角質を必要以上に剥ぎ取ってしまう可能性があるからです。尿素の化粧品を使用している時はピーリングは避けた方がいいでしょう。

おすすめの尿素入り化粧水

市販で安心して使用できる尿素入りの化粧水といえば、天使の美肌工房が販売している「天使の美肌水」が有名かと思います。

310mlで680円という価格の安さと、配合成分が「水、グリセリン、尿素」のみというシンプルさで長年の愛用者も多いようです。ただ、防腐剤無添加品の為に開封後は冷蔵保存をして2ヶ月以内に使い切ることが明記されています。常温だと中身が腐敗して肌荒れを起こす原因になりますので注意しましょう。


天使の美肌水しっとり 310ML

自分で作る尿素入り化粧水

尿素入りの化粧水は意外にも簡単に作ることができます。初めて自分で手作りした化粧水が尿素入り化粧水だったという方も多いようです。そこで、一番スタンダードな化粧水の作り方をご紹介します。

  1. 精製水100ml、尿素(化粧品用)1~3g、グリセリン5~10ml、容器1本を用意します。
  2. 容器に尿素を入れます
  3. 尿素を入れた容器に精製水を入れます。
  4. 透明になるまで容器を振ってください。
  5. 透明になったらグリセリンを混ぜ入れ、再び振ってください。

手作り化粧水の場合は、冷蔵保存で1ヶ月以内に使い切れば問題ありません。衛生面に注意して作ればかなりコストを抑えて作ることができます。ただ、尿素入りの化粧水を作って常温で放置していると、アンモニアが生成されますので注意してくださいね!

まとめ

尿素の力を借りて肌を柔らかくしターンオーバーを促進させることで、メラニンの排出を促し、シミが消える可能性があります。自分の肌とよく相談しながら適切に使用していきましょう。

  • シミとは紫外線や刺激によってメラニンが生成された後、正常に排出されず皮膚の内部にメラニン色素が蓄積した状態のこと。
  • シミができている部位は「慢性微弱炎症」を起こしている可能性がる。
  • 尿素には優れた保湿能力があり、肌を柔らかくしてターンオーバーを促進する効果があるが、強引にターンオーバーを促進させ続けると、菲薄肌になり肌のバリア機能が低下してしまう。
  • 間違った使い方さえしなければ、尿素はシミに対して効果を期待できる。
  • 市販でも手作りでも尿素入りの化粧水は比較的安価に購入できる。
  • 自分の肌状態をよく知り、必要な時だけ尿素の力を借りるのがベスト。

尿素入り化粧水をAmazonで購入する

関連記事

  1. シャワーヘッド交換でヘアケアと美肌効果!人気おすすめ商品4選

    スキンケア

    おすすめシャワーヘッド交換でヘアケアと美肌効果

    先日、自宅マンションの水道管工事の際に業者さんがちょっと失敗したらしく…

  2. ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較

    スキンケア

    ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較

    オールインワンというと、少し前まではちょっと物足りない化粧品というイメ…

  3. 美味しいオリーブオイルコンフィの美容効果!おすすめレシピと作り方

    スキンケア

    オリーブオイルコンフィの美容効果!おすすめレシピと作り方

    オリーブオイルで作るコンフィという食べ物を知っていますか?レストランの…

  4. 痛くないの?美容鍼の効果やメリットとデメリット

    スキンケア

    痛くないの?美容鍼の効果やメリットとデメリット

    年齢を重ねるごとに肌の悩みが増え、肌の衰えはどんどん進行していきます。…

  5. Twitterで話題の美容方法まとめ|役立つネタから意外なテクまで

    スキンケア

    Twitterで話題の美容方法まとめ|役立つネタから意外なテクまで

    今は美容雑誌などより、Twitterで美容ネタや情報を集める方が手軽で…

  6. 人気のおすすめボディバターまとめ|乾燥肌をしっとり肌に

    スキンケア

    人気のおすすめボディバターまとめ|乾燥肌をしっとり肌に

    手足や背中、顔に至るまでお肌の乾燥にお悩みの人は多いです。紫外線などの…

おすすめ記事

  1. アイラインのタトゥー「アートメイク」とは?
  2. 自分で在宅エステ!人気がある体の部位別おすすめの美容機器5選
  3. コーヒーに隠された美容効果とは?成分と効果的な飲み方について
  4. 人気のおすすめボディバターまとめ|乾燥肌をしっとり肌に
  5. 美肌ホルモンを活性化する!画期的なオールインワンクリームとは
  6. 肌トラブル別!化粧水の有効成分まとめ[シミ・シワ・乾燥・たるみ
  7. Twitterで話題の美容方法まとめ|役立つネタから意外なテクまで
  8. 乳化が重要ポイント!オイルクレンジングでメイク落とし
  9. 今注目の蓄熱式脱毛の効果や回数ってどうなの?メリットとデメリット

アーカイブ

  1. エステ

    初めてのエステサロンの選び方|無料体験のすすめ
  2. ダブル洗顔って必要?洗顔とクレンジングの違いについて徹底解説!

    スキンケア

    ダブル洗顔の必要性?洗顔料とクレンジング剤の違い
  3. マスカラやまつエクより重要?まつ毛美容液でのケアとおすすめ商品

    メイク

    マスカラやまつエクより重要?おすすめまつ毛美容液
  4. 乳化が重要ポイント!オイルクレンジングでメイク落とし

    メイク

    乳化が重要ポイント!オイルクレンジングでメイク落とし
  5. ブーツの足ムレ臭いの原因とは?消臭対策とおすすめ石鹸

    体臭予防

    ブーツの足ムレ臭いの原因とは?消臭対策とおすすめ石鹸
PAGE TOP