お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点

お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点

ピーリングはお肌のくすみなどをなくすのに効果があるといわれている美容法です。ただ、中にはピーリングは「お肌に負担をかけるかも」という不安を感じている人もいるはずです。今回は、ピーリングの効果と注意点についてまとめます。

ピーリングとは?

ピーリングとは「はがす」という意味で、お肌の古い角質を除去することを言います。そして、ピーリングをすることによって古い角質が残っていることが原因となるシミ、くすみ、ニキビなどの肌トラブル解消がしやすくなります。

また、ピーリングをするよってお肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常化することもできます。ストレスや加齢によって、お肌のターンオーバーにかかる日数は増えていくケースが少なくありません。そんなとき、ピーリングで年齢による肌トラブルも治癒が早くなります。

そして、ピーリングの方法にもさまざまなものがあり、自分でやる方法からクリニックやエステなどプロにお願いする方法があります。さらに、使用する薬剤などにもいろいろな種類があるので自分に合う方法でピーリングしていきましょう。

ピーリングの効果

美容家によってはお肌の角質を無理に除去するとことはよくないとする人もいます。しかし、実際にピーリングをすることによって美肌効果を実感している人も少なくありません。では、ピーリングにはどのような美肌効果があるのでしょうか?

1.お肌のターンオーバーを正常化する

美肌を保つ上で重要なのが、お肌のターンオーバーを正常に保っていくことです。しかし、残念ながら加齢とともにこのお肌のターンオーバーは乱れがちになります。そこで、ピーリングで古くなった角質を除去していくことにより、お肌が新しい肌に生まれ変わっていくのを助けます。

2.シミ・くすみ・ニキビ対策に

お肌がくすんで見えたりシミが消えないのはお肌のターンオーバーがしっかりなされていないことが原因です。ターンオーバーが正常になされていれば、たとえメラニン色素が沈着しシミやくすみができてもすぐに古い角質として落ちていきます。

ですから、ピーリングによってお肌のターンオーバーを正常化するとシミやくすみ対策にもなるのです。また、ピーリングによってお肌がワントーン明るくなった感じがする人も少なくありません。

さらに、ピーリングによって毛穴の汚れを落としやすくなり、それによってニキビも改善に向かいます。そもそもニキビは、毛穴に皮脂などの汚れがたまって炎症を起こすことが原因でできます。ピーリングで毛穴の奥の汚れも落とすことができればニキビができにくい状態になるわけです。

3.美容液などがお肌に浸透しやすくなる

美肌に導いてくれるといわれている美容液も、お肌に古い角質が残っている状態ではお肌にしっかり浸透してくれません。その点、ピーリングによってお肌の古い角質を落としていると美容液などがお肌に浸透しやすくなります。

4.毛穴の汚れを取り去る

ニキビ対策の部分でも触れましたが、ピーリングをすることで毛穴の汚れを取り去ることもできます。それによって、毛穴の開きも改善でき、きめの細かいお肌に導いていくことも可能です。

5.お肌の保湿力がアップする

ピーリングをするとお肌に負担をかけるという点が強調されがちですが、実は、ピーリングをすることによってお肌の保湿力をアップさせることも可能です。ピーリングをしてお肌に余計なものがなくなることで、お肌の自然治癒力がアップします。

つまり、お肌が保湿に必要な皮脂を円滑に出しやすくなり保湿力もアップするというわけです。保湿力がアップすると、小じわなども減りお肌にハリが戻ってきます。

ピーリング用アイテムをAmazonでチェックする

ピーリングの効果

ピーリングの種類と特徴

ピーリングは大きく分けると、自力で行う方法とプロに施術してもらう方法に分かれます。また、化学的な反応によってピーリングする方法と物理的な方法で角質をはがしていくピーリングの2種類の方法があります。

クリニックで行うピーリング

美容皮膚科など専門のクリニックでお肌のピーリングを行うこともできます。この場合、まずお肌のカウンセリングから始まります。

クリニックでは、ケミカルピーリングという形で行い、市販のものより強い薬剤を使うので、物理的に無理な力を加えず角質を除去することができます。これは、皮膚科などクリニックでしかできない方法です。

クリニックでピーリングを行うメリットは、何と言っても自分のお肌の状態をしっかり把握した上でそれに合う方法により施術してもらえる点です。お肌を傷めるリスクも減り、効果的にピーリングできます。

また、クリニックで使うピーリング剤は市販のものより強い効果があります。その分、お肌へのダメージも大きいのですがクリニックではその分、個人個人のお肌に合うピーリング剤を選び、アフターケアもやってくれるので安心感があります。

逆にデメリットを挙げると、やはりそれなりにコストがかかることでしょう。ピーリングにあまりお金をかけたくない人には向かない方法といえます。

具体的に挙げるとクリニックでは主に以下の3つの方法でピーリングを行います。

1.グリコール酸ピーリング

グリコール酸ピーリングは、医師の判断でその濃度や㏗を適切な状態にもっていくことによってさまざまな肌トラブルに対応できるのが特徴です。多くの症状をカバーできます。

2.サリチル酸マクロゴールピーリング

比較的お肌に刺激が少ないピーリング方法です。ただし、ニキビ跡など毛穴が大きく開いた状態のお肌にはあまり効果が期待できません。

3.乳酸ピーリング

乳酸ピーリングは、3つの方法の中で最もお肌にマイルドな方法です。お肌にやさしいのでピーリングによるお肌の刺激が心配な人は、まず、乳酸ピーリングから始めるとよいでしょう。

エステで行うピーリング

エステでもピーリングの施術を行っています。ただ、クリニックと異なる点はエステサロンでは「レーザーピーリング」という方法でピーリングを行う点です。レーザーの熱の力で不要となった角質を除去していきます。

化学的な薬剤を使わないのでクリニックで行うケミカルピーリングよりもお肌への刺激が少ないといえます。クリニックで行うケミカルピーリングは自分の肌には刺激が強すぎると感じる人にはこのレーザーピーリングの方がおすすめです。

ただ、個人差があるのでまずエステサロンでしっかりカウンセリングを受けてから施術を受けるかどうか判断しましょう。

自分で行うピーリング

自分でできるピーリングには4種類の方法があります。この中から自分の肌質に合わせて適切なピーリングの方法を選んでいきましょう。市販のピーリング剤はクリニックで使うピーリング剤よりお肌にやさしいものが販売されています。ただし、その分、ピーリング効果は劣る点も理解しておきましょう。

石鹸ピーリング

敏感肌や乾燥肌の人におすすめなのが「石鹸ピーリング」です。ただ、ピーリング効果のある石鹸で洗顔するだけなのでお肌への負担も少なくお肌が弱い人にはこのくらいのピーリング方法が向いています。

ジェルピーリング

最近、人気なのが「ジェルピーリング」です。ジェル状のピーリング剤を顔に塗りクルクルと指を動かしながらマッサージすることで古い角質を落としていきます。垢すり感覚でお肌の不要な角質が目に見えて落ちていきます。

不要な角質が落ちていくという結果がわかりやすいのが魅力です。ただし、この方法はお肌を直接ゴシゴシこすっているのと同じことなのでお肌への負担は最も大きいといえるピーリング方法です。

Remei InBathPeelingGel(リメイ インバスピーリングジェル)

洗い流すピーリング

パックのようなイメージでピーリング剤を顔に塗り、しばらく放置した後洗い流すというタイプの「洗い流すピーリング」という方法もあります。ジェルピーリングに比べるとお肌への刺激は少ないといえます。

ただし、ピーリング剤の中にお肌の角質を落とすための成分が入っており、これがお肌に負担をかける点には注意しましょう。特に、敏感肌の人の場合はこのピーリング方法は避けた方が無難です。(関連記事:牛乳洗顔で優しくピーリング

塗るだけのピーリング

ピーリング剤というと、最後には洗って落とすという形のものがほとんどですが中には塗るだけで終えるタイプのものもあります。敏感肌などお肌が弱い人の場合もこのくらいの刺激なら耐えられる人も多いはずです。基本的には、塗った時点で古い角質は落ちませんがお肌のターンオーバーを活発化し、結果として古くなった角質がはがれるように導いていきます。

具体的な成分としてはAHA(グリコール酸・乳酸)やBHA(サリチル酸等)があります。AHAは簡単に説明すると果実に含まれる酸のことでフルーツ酸とも呼ばれます。この酸が古くなった角質をはがしたり、さらにはお肌に浸透してコラーゲンの生成促進働きをしたりします。自然な形でのピーリングができるので安心して使用できます。

面白いほどポロポロ角質が取れるピーリング!

敏感肌の人の場合

自分でピーリングをする場合、気をつけないといけないのが自分の肌質を知っておくことです。お肌の弱い人は刺激の強いピーリング剤を使うことで逆にお肌を傷めてしまう可能性があります。

ですから、敏感肌などお肌が弱いタイプの人は、マイルドなピーリング石鹸で洗ったり塗るだけのピーリングなどを使用する程度にとどめておきましょう。敏感肌や乾燥肌の人にはこのくらいのピーリングアイテムが適切です。

ピーリングの種類と特徴

ピーリングの注意点

ピーリングによる美肌効果についてご紹介してきましたが、もちろん注意点もあります。ピーリング剤の中には酸や金属を使用するものが多いので、お肌に必要な角質まで取り去ってしまう可能性があります。

特に敏感肌の人や皮膚が薄い人にはあまりおすすめできません。人によっては、ピーリングをすることによってお肌が赤くなったり、痛みを感じる人もいます。また、乾燥肌の人の場合、お肌が乾燥しやすいのでピーリングをした後はしっかり保湿しておきましょう。

また、ピーリングをした後は紫外線を浴びないことも大切です。ピーリング後は、お肌が敏感な状態になっているのでそこに紫外線などの刺激を与えると肌トラブルの原因になります。後、エステで行うレーザーピーリングをした後はUVクリーム自体塗ることができないことになっています。ですから、帽子などでしっかり紫外線防止に努めましょう。

さらに、ピーリング剤を自分で使用する場合はしっかり注意書きを読んで使用しましょう。たとえば、どのくらいの頻度で使用すればいいのかなどについてもピーリング剤に表示されているはずです。その指示にしっかり従って使用していくことが大切です。

まとめ

ピーリングはお肌への刺激が強いというイメージを持っていた人もいるのではないでしょうか?確かにそういう面があるのは否めません。しかし、脂性肌などお肌に角質がたまりやすいタイプの肌質の人にとってはピーリングはかなりおすすめの美容法です。

特にお肌のターンオーバーがうまく機能していないと感じている人は、一度試してみる価値があると思います。自力でやってみるという方法もありますが、徹底的にお肌をきれいにしたい人やアフターケアをしっかりしてほしい人はクリニックやエステなどのプロに施術してもらうという方法もあります。

今までピーリングをすることについて躊躇していた人も、自分の肌質に必要だと感じたらぜひ試してみてくださいね。

ピーリング用アイテムをAmazonでチェックする

関連記事

  1. Twitterで話題の美容方法まとめ|役立つネタから意外なテクまで

    スキンケア

    Twitterで話題の美容方法まとめ|役立つネタから意外なテクまで

    今は美容雑誌などより、Twitterで美容ネタや情報を集める方が手軽で…

  2. コーヒーに隠された美容効果とは?成分と効果的な飲み方について

    スキンケア

    コーヒーに隠された美容効果|成分と飲み方のコツ

    日頃からコーヒーを飲んでいる方必見!何気なく口にするコーヒーには、シミ…

  3. 顔のシミが消える?尿素入り化粧水の効果とは

    スキンケア

    顔のシミが消える?尿素入り化粧水の効果とは

    加齢とともに深刻な肌悩みの一つとなる「シミ」。どんなに小さなシミでも、…

  4. ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較

    スキンケア

    ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較

    オールインワンというと、少し前まではちょっと物足りない化粧品というイメ…

  5. 牛乳洗顔で優しくピーリング|洗顔方法と美肌効果

    スキンケア

    牛乳洗顔で優しくピーリング|洗顔方法と美肌効果

    皆さんは今、どんな洗顔をしていますか?洗顔フォームをよく泡立てて洗う「…

  6. 美肌ホルモンを活性化する!画期的なオールインワンクリームとは

    スキンケア

    おすすめオールインワンクリームで美肌ホルモンを活性化

    30代以上の女性なら大なり小なり誰もが気にかけていることといえば、お肌…

おすすめ記事

  1. 忙しい朝は時短化粧品で素早くメイク!おすすめの人気アイテムを紹介
  2. お肌のアンチエイジングケアは何歳から始める?その効果とやり方
  3. 自分で在宅エステ!人気がある体の部位別おすすめの美容機器5選
  4. 大手だけじゃない!人気の脱毛サロン8選&おすすめ脱毛グッズ
  5. おすすめしたい全身脱毛サロン5選!価格・プラン・サービスを比較
  6. スマホで効果的なダイエット!オンラインプログラム「へクシス」とは
  7. 痛くないの?美容鍼の効果やメリットとデメリット
  8. 女性の白髪の原因って?その対策とおすすめヘアカラー&白髪染め4選
  9. 低価格のおすすめ人気脱毛サロン「脱毛ラボ」の実体験と口コミ
  10. 簡単にできる!美肌を意識した甘酒の美味しいおすすめレシピ

アーカイブ

  1. 乳化が重要ポイント!オイルクレンジングでメイク落とし

    メイク

    乳化が重要ポイント!オイルクレンジングでメイク落とし
  2. 髪がうねる原因と対策!ドライヤーの使い方とおすすめシャンプー

    ヘアケア

    髪がうねる原因と対策!ドライヤーの使い方とおすすめシャンプー
  3. 自分で在宅エステ!人気がある体の部位別おすすめの美容機器5選

    エステ

    自宅でセルフエステ|おすすめ美顔器とボデイ美容器
  4. 30代から始める大人美容とアンチエイジング!やるべき事とやめる事

    スキンケア

    20代と30代以上のお肌の違いとスキンケア方法
  5. 湯シャンは頭皮の臭いや薄毛に効果的!?方法と洗い方のコツ

    ヘアケア

    湯シャンは頭皮の臭いや薄毛に効果的!?方法と洗い方のコツ
PAGE TOP