お肌本来の力を引き出すには肌断食がおすすめ!そのやり方と効果

お肌本来の力を引き出すには肌断食がおすすめ!そのやり方と効果

「肌断食」についての美容記事を雑誌などで読んだことのある人もいるのではないでしょうか?肌断食は、佐伯チズさんをはじめ、有村架純さん、小雪さんなど有名人がひそかに実践していることで知られています。そこで、気になる断食食のやり方や期待できる効果をまとめました。

そもそも「肌断食」って何?

肌断食とは、お肌に余分な栄養成分を与えないという美容法です。多くの人はお肌にローションをはじめ、乳液、美容液などさまざまなスキンケアアイテムをつけることで美肌が保てると考えているのではいでしょうか。

ところが、肌断食ではこれらのスキンケアアイテムを使用しないことを推奨しています。その理由はお肌に油脂や美容成分を与えることで、お肌が本来持っている自らお肌を保湿するバリア能力を退化させてしまうからです。

そこで、肌断食ではローションや乳液、美容液などをつけるのをやめます。それだけではなく、クレンジング剤はお肌を傷めるので使用してはいけません。クレンジングをすることによって、お肌が本来持っている潤いなどを取り去ってしまいます。

化粧品やクレンジング剤を断つことによって、お肌は本来持っていたお肌を自力で潤す力を取り戻していきます。お肌に自ら備わっていた保湿力や治癒力を回復させていくのです。

また、敏感肌の人の中には肌断食をやることに躊躇してしまう人もいるかもしれません。しかし、敏感肌の人の中には間違ったスキンケアによって敏感肌になってしまっている人も少なくありません。自分のお肌の自然治癒力を引き出してあげることによって、お肌のコンディションをよくし、健康なお肌に導いていくことが可能になります。

いままで、お化粧品を使って来た人にとってはそれらをすべてやめてしまうということにはすごく勇気が必要です。肌断食を始めて何か肌トラブルが起こると「やっぱり間違ったスキンケア方法なのでは?」と考える人もいるはずです。

確かに、中には本当に肌断食が向いていない体質の人もいます。しかし、一度試してみて自分のお肌が本当にスキンケアアイテムを必要としているのかを再確認してみるのもひとつの選択肢です。肌断食によって、美肌になれるとしたらやってみる価値はあるはずです。

肌断食の美肌効果

肌のターンオーバーが整い、毛穴が目立ちにくくなる

多くの化粧品には、界面活性剤が含まれています。この界面活性剤によってお肌は本来のバリア機能を失い正常なお肌のターンオーバーを阻害してしまいます。ですから、化粧品を使わないことでお肌の本来の力を取り戻し、お肌のターンオーバーがスムーズになっていきます。

ターンオーバーが正常化していくことによって、お肌に不要だったものがどんどん除去されていきます。つまり、毛穴に詰まっていた皮脂や角栓が消え、毛穴がしまって目立ちにくくなります。さらに、くすみのない明るいお肌に変化していきます。また、お肌の自然治癒力がアップすることで、お肌の油分と水分のバランスが整いキメの細かいお肌に変わっていくはずです。

ニキビ

ニキビに悩んでいる女性にとっても肌断食は注目したい美肌方法のひとつです。ニキビはお肌が余分な皮脂を出すことにより、毛穴を詰まらせてしまうことにより起こりやすくなります。

しかし、肌断食をすることによってお肌自体が自然な潤いを取り戻すので肌の乾燥が改善されます。お肌が乾燥するとニキビができにくくなると考えている人もいるかもしれませんが、実は、お肌が乾燥することによって余分な皮脂が出てニキビができやすくなるのです。

肌断食をすると、お肌自体が正常な働きをするようになって余分な皮脂が出なくなりニキビができにくいお肌へと変化していきます。ですから、肌断食はニキビに悩んでいる人にもおすすめの方法です。

肌断食の美肌効果 肌のターンオーバーが整い、毛穴が目立ちにくくなる にきび対策

肌断食の方法

それぞれの生活スタイルに合わせて、肌断食の方法を3パターン紹介します。自分に合う方法を見つけて取り入れていくことをおすすめします。

宇津木式肌断食

肌断食の方法の中で一番有名で厳しいのが「宇津木式肌断食」でしょう。これは、医師の宇津木龍一氏が提案しているスキンケア方法です。宇津木式肌断食は、ローション、乳液、美容液、日焼け止めなどの基礎化粧品を一切つけないことを推奨しています。

基礎化粧品もメイクも一切しません。洗顔も水だけでやります。そのほかに、洗顔にはクレンジングを使用せず、純石鹸の使用のみとなります。また、肌断食でお肌の乾燥に悩んだ場合は、唯一、白ワセリンを塗ることが認められています。

ただ、お化粧をしないと生活上支障がある人の場合、ポイントメイクだけは許容されています。一番おすすめのメイク方法は口紅のみつける方法です。それだけでは顔にメリハリが足りないという人は水で落ちるタイプのアイライナー、マスカラなどを使用します。チークやアイシャドウもパウダータイプのものなら、あまりお肌に負担をかけないですみます。

「夜だけ」肌断食

ポイントメイクだけでは無理という人の場合、「夜だけ肌断食」という方法もあります。これは、宇津木式肌断食に比べるとずっと緩やかな方法なので多くの人が取り入れやすい方法です。

夜だけ肌断食は、その名前の通り夜だけ化粧品を何もつけないという方法です。夜だけ肌断食なら、外に出かけるときには、ちゃんとメイクもできるのでハードルが低いです。ただし、そのメイクの方法にはコツがあります。

メイクをしてもいいのですが、やはり、クレンジング剤は使用してはいけません。ですから、ファンデーションを使う場合はミネラルファンデーションなど石鹸で落とせるタイプのファンデーションを使います。もちろん、アイライナー、マスカラも水で落とせるタイプのものを、チークやアイシャドウも水で落とせるパウダータイプのものを選びましょう。

これなら、お昼はメイクをしても夜はクレンジング剤を使わないで石鹸だけでメイクを落とせます。そして、そのまま朝までお肌に何もつけない状態を保っておきます。朝は、ぬるま湯で軽く洗顔しましょう。

お肌の肌のターンオーバーは夜寝ている間に行われることが多いです。その間、お肌に何もつけず負担をかけないことでお肌が本来持っている働きを阻害しないですみます。それによって、お肌のターンオーバーが正常化していき、自力で潤う力を取り戻していきます。

また、肌断食では日焼け止めも使ってはいけないのですが、夜だけ肌断食なら紫外線に当たる心配もありません。お化粧をしないと外出できないという人にとっては、とても始めやすい方法といえます。

週末肌断食

平日はお仕事の関係でしっかりメイクをしないといけないけれど、お休みの日ならメイクをしないでいられるという人もいるでしょう。その場合、おすすめなのが「週末肌断食」です。この週末肌断食は人気美容家佐伯チズさんも推奨されている方法です。

週末肌断食では、毎日メイクや化粧品を使って負担をかけているお肌を週末だけ何もつけないで休ませてあげます。具体的には、金曜日の夜にメイクを落としたら、その後お肌には何もつけません。

この場合、メイクもクレンジング剤を使わないで落とすことが推奨されているので、やはり、普段から水で落とせるメイク用品を使うことをおすすめします。そのまま、土日は水かぬるま湯で軽く洗顔するだけにし、スキンケアは一切しません。

ただ、週末だけ肌断食をすると、やはり、お肌がつっぱったりすることが多いです。その場合は、白ワセリンを気になる部分だけに薄く塗って対処しましょう。こうしてお肌を休ませることで、お肌が本来持っている力を取り戻せます。

また、女優さんなどが取り入れている肌断食の方法の多くがこの週末肌断食だといわれています。自分の今のお肌の調子を確認するという意味でも取り入れているようです。肌断食をすることで、今、自分のお肌がどういう状態なのかがわかりどのようなケアが必要なのかが見えてきます。

肌断食に必要なアイテム

いままでご紹介してきたように肌断食をするにあたって必要なものがいくつかあります。

純石鹸

肌断食では洗顔は基本的には水かぬるま湯ですることを推奨していますが、メイクを落とすときなどは純石鹸で洗うことは許容されています。純石鹸は、必需品なのでぜひ準備しておきましょう。

白ワセリン

基本的には肌断食ではお肌に何もつけないのですが、お肌が乾燥してつっぱったりする場合は白ワセリンを塗ることだけ許容されています。できるだけ、薄く塗るのがコツです。

ミネラルファンデーション

リキッドファンデーションは肌断食をする場合、石鹸だけでは落とせないので使用できません。そのため、ミネラルファンデーションを使います。ミネラルファンデーションなら、石鹸で落とすことができるのでメイクをしながら肌断食をする場合は、必須アイテムといえるでしょう。また、ミネラルファンデーションはUVカット成分が配合されているものを選べば日焼け止めとしても使えます。

必要なポイントメイク用品

  1. 口紅
  2. アイライナー
  3. アイシャドウ
  4. マスカラ
  5. チーク

などが挙げられます。口紅は肌断食では制限されていないので、ぜひ、使いましょう。アイライナーやマスカラはフィルムタイプの水で落とせるものを選びましょう。チークやアイシャドウはミネラルパウダータイプのものを選ぶと石鹸で落とすことができます。

肌断食の注意点

お肌が荒れた場合

肌断食をすると、お肌が粉を吹いたようになるケースやガサガサに乾燥してしまうケースなどさまざまな肌トラブルが生じることがあります。これは、一時的なもので好転反応とも呼ばれています。ですから、この時期を我慢して肌断食を続けていくと肌荒れも治ることがほとんどです。特に、お肌にさまざまなケアをし過ぎていた人ほど、肌トラブルがひどくなる傾向があります。

ただ、やはり、肌荒れは人前に出る場合気になるはずです。この場合、唯一、肌断食で使っていいとされているのが白色ワセリンです。できるだけ、この白色ワセリンを使って乗り切っていきましょう。

かゆみが出た場合

肌断食でかゆみが出ることがあります。この場合、いままで使用していた化粧品をやめたことでお肌の常在菌のバランスが乱れることが原因である可能性があります。あまりにも、状態がひどい場合は、ぜひ、皮膚科を受診してください。

アトピー性皮膚炎の人の場合

アトピー性皮膚炎の人の場合には、肌断食はおすすめできません。理由は、アトピー性皮膚炎の人はお肌の細胞間脂質で最も多いセラミドを作ることができない体質だからです。こういう状態で肌断食をすると、さらに悪化させる可能性があります。アトピー性皮膚炎の人の場合、肌断食はしないようにしましょう。

まとめ

肌断食に興味のある人は、ぜひ、自分の生活スタイルに合う形で挑戦してみることをおすすめします。あまり、外に出なくても済む人は本格的にやってみると美肌効果が期待できます。また、仕事などでメイクが必要な人もできる範囲で肌断食をやってみましょう。お肌本来の力を引き出すことができます。

関連記事

  1. 老け顔の原因は睡眠不足!?眠りの質を改善するコツとNG行動

    スキンケア

    老け顔の原因は睡眠不足!?眠りの質を改善するコツとNG行動

    『顔が老けたなぁ…』と感じる原因は毎日の睡眠にもあります。睡眠こそが美…

  2. シャワーヘッド交換でヘアケアと美肌効果!人気おすすめ商品4選

    スキンケア

    おすすめシャワーヘッド交換でヘアケアと美肌効果

    先日、自宅マンションの水道管工事の際に業者さんがちょっと失敗したらしく…

  3. ダブル洗顔って必要?洗顔とクレンジングの違いについて徹底解説!

    スキンケア

    ダブル洗顔の必要性?洗顔料とクレンジング剤の違い

    (最終更新日:2017.12.21)洗顔とクレンジングはどちらも顔…

  4. 牛乳洗顔で優しくピーリング|洗顔方法と美肌効果

    スキンケア

    牛乳洗顔で優しくピーリング|洗顔方法と美肌効果

    皆さんは今、どんな洗顔をしていますか?洗顔フォームをよく泡立てて洗う「…

  5. ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較

    スキンケア

    ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較

    オールインワンというと、少し前まではちょっと物足りない化粧品というイメ…

  6. お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点

    スキンケア

    お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点

    ピーリングはお肌のくすみなどをなくすのに効果があるといわれている美容法…

おすすめ記事

  1. デートに使える!人気おすすめキラキラアイシャドウと使い方
  2. オーガニックシャンプーのメリットとデメリット!おすすめ商品3選
  3. シャワーヘッド交換でヘアケアと美肌効果!人気おすすめ商品4選
  4. 低価格のおすすめ人気脱毛サロン「脱毛ラボ」の実体験と口コミ
  5. 女性の鼻毛をキレイに処理する方法まとめ
  6. マスカラやまつエクより重要?まつ毛美容液でのケアとおすすめ商品
  7. ファンデーションは必要?上手なナチュラルベースメイクで美肌に
  8. 上手なメイクでうるツヤ肌に!化粧下地のコツとおすすめアイテム
  9. 家庭用脱毛器で永久脱毛!?その効果とおすすめ人気アイテム

アーカイブ

  1. お肌のアンチエイジングケアは何歳から始める?その効果とやり方

    スキンケア

    老化を抑えるアンチエイジングケアの効果と方法
  2. 夏の体臭予防!プロ用わきが・加齢臭ケアクリームでニオイを解消する

    体臭予防

    ワキガと加齢臭の原因と対策|おすすめケアクリーム
  3. ドライヤーの使い方とコツ|冷風クール機能を上手に活用

    ヘアケア

    ドライヤーの使い方とコツ|冷風クール機能を上手に活用
  4. 効果的な光脱毛はどれ?IPL方式・SSC方式・SHR方式の違いと特徴

    脱毛

    効果的な光脱毛選び|IPL/SSC/SHR方式の違いと特徴
  5. 食べるだけで簡単ダイエット!「干しぶどう酢」の効果と作り方

    ダイエット

    干しぶどう酢の効果と作り方|食べるだけ簡単ダイエット
PAGE TOP