コーヒーに隠された美容効果とは?成分と効果的な飲み方について

コーヒーに隠された美容効果|成分と飲み方のコツ

日頃からコーヒーを飲んでいる方必見!何気なく口にするコーヒーには、シミやニキビなどの肌トラブルを抑える成分が配合されています。

しかし、コーヒーの美容効果を得るためには、適切な「飲み方のコツ」があります。こで今回は、コーヒーに含まれる美容成分に加え、効果的な飲み方や注意点についてご紹介していきます。

コーヒーの美容効果とその成分

美容効果をもたらしてくれるコーヒーの成分には、主に「ポリフェノール」「カフェイン」があります。この2つの成分には、それぞれどのような効果が期待できるのでしょうか?簡単にまとめますね。

コーヒーに含まれるポリフェノールとカフェインの効果

ポリフェノール

ポリフェノールと言えば、アンチエイジングが期待できる赤ワインやチョコレート、緑茶といった食品を想像される方も多いのではないでしょうか。

これらの代表的な食品には、それぞれ異なるポリフェノールが含まれており、各食品の渋みや苦みといった独特な風味を作り出しています。そんな中、コーヒーに含まれているのが「クロロゲン酸」と呼ばれるポリフェノールです。別名「コーヒーポリフェノール」とも呼ばれ「強い抗酸化作用」があるのが特徴です。

抗酸化作用とは、「紫外線」「喫煙」「ストレス」などといった様々な原因によって過剰分泌してしまった「活性酸素」を抑える働きのことを言います。

一見悪い印象を抱きがちな「活性酵素」ですが、元々はは体を細菌から守る大切な働きがあります。ところが、過剰分泌されてしまった活性酵素には、健康な細胞を傷つけ老化を早めてしまうリスクが生じてしまいます。

肌にダメージを与える活性酵素を、コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)で抑えることによってシミやシワといった老化現象を防ぐ美容効果が期待できるのです。

カフェインの場合

カフェインがもたらす美容効果には「血管収縮作用」「利尿作用」2つが挙げられます。血管収縮作用は、血流が良くなることによって肌の新陳代謝が促されていき、コンディションが整いやすくなります。

利尿作用は、尿と一緒に老廃物が流れることによって、むくみを和らげることができます。ただ、適度な水分補給を行っていないと脱水症状を引き起こす場合があります。さらに、ミネラルや鉄分が外へ排出されやすくなってしまうリスクも高まるため、過剰摂取には十分注意しましょう。

美容効果を促す飲み方のコツ

コーヒーの美容効果を促すためには、飲み方にコツがあります。以下に3つのポイントをまとめてみましたので、ぜひ実践してみてください。

熱湯は避けてぬるま湯で

ポリフェノールは熱に弱い性質があります。ポリフェノールの効果を最大限に引き出すためにも熱湯ではなく80℃前後のぬるま湯で頂くのがおすすめです。

ベストタイミングは3~4時間置き

コーヒーポリフェノールの効果を持続するには3~4時間置きに摂取することが望ましいとされています。抗酸化作用を維持するためには、ぜひ飲むタイミングも意識してみましょう。

限度目安は1日3~5杯

コーヒーには、赤ワインに匹敵するほどのポリフェノールが含まれています。そんな中、美肌効果を感じるために摂取したいポリフェノールの推奨量は「1日あたり1,000mg〜1,500mg」とされています。

1杯でどれくらいのコーヒーを飲むかによって差が生じますが、1日に約3~5杯の限度を目安に飲みましょう。

コーヒー選びのポイント

コーヒーひとつにも、手軽に飲めるインスタトコーヒーやドリップコーヒー、自販機で購入できる缶コーヒーなど種類は様々ですよね。

「どれも同じコーヒー」で美容効果は変わらないという考えは間違いです。どんなコーヒーを選ぶかによって、美容効果が効率良く得られるかどうかに違いが出てきます。

インスタントよりもドリップコーヒー

コーヒーに含まれるポリフェノールやカフェインといった成分は、インスタントや缶コーヒーに比べて、ドリップコーヒーにより多く含まれています。美容効果を求める場合は、ドリップコーヒーを優先的に選びましょう。

ドリップコーヒーの方が美容効果が高い

深煎りよりも浅煎りを

コーヒーを探していると「深煎り」や「浅煎り」と言ったフレーズを良く目にするのではないでしょうか?もしコーヒー豆を選べるのであれば、深煎りよりも有効成分が豊富に含まれている「浅煎り」を選ぶようにしましょう。

また、挽き立てのコーヒーを飲むのもおすすめです。挽き立ては、時間が経過したものより多くの美容成分をが含まれています。

コーヒーのドリップバッグをAmazonでチェックする

コーヒーで注意したい8つのポイント

ここまでコーヒーの飲み方や選び方についてご紹介してきましたが、飲み方次第では体に悪影響を及ぼす恐れがあります。効果を最大限に引き出しながら安全に楽しむためにもぜひ、これからご紹介する8つのポイントに注意しください。

コーヒーで注意したい8つのポイント

①砂糖&ミルクの入れすぎ

コーヒーを飲むうえで砂糖やミルクを使用される方も多いのではないでしょうか?砂糖やミルクを入れることによってコーヒーの美容成分を妨げるような恐れはありません。ですが、入れすぎには以下のようなリスクを招く場合があります。

  • 砂糖:過剰摂取により皮脂分泌量が増え、ニキビなどの肌トラブルを招く恐れがある
  • ミルク:トランス脂肪酸が含まれているミルクには腸内環境に影響を与え、結果的に肌トラブルを招く恐れがある

②空腹時のコーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには胃液の分泌を促す働きがあります。食べ物の消化を助けてくれる胃液ですが、コーヒーを飲んだだけの空腹状態では消化するものがなく、そのまま胃壁にダメージを与えてしまいます。

すると、「めまい」「頭痛」「胃痛」などといった症状が現れてしまう恐れがあります。

③寝る前のコーヒー

コーヒーには「覚醒作用」があり、眠気覚ましとして活用されることも多いのではないでしょうか。

そんなコーヒーを寝る前に飲んでしまうと睡眠の質が落ち、肌荒れを招いてしまう恐れがあります。また、最悪の場合は過剰摂取により不眠症を引き起こす危険性もあります。

④妊娠&授乳中の場合

妊娠&授乳中のカフェイン摂取が良くないことは有名ですよね。妊娠中のカフェイン摂取には、ママの体調を悪化させ「めまい」「吐き気」と言った症状を引き起こす恐れがあります。

また、代謝機能が未熟な胎児へカフェインが行き届いてしまうと、酸素や栄養が十分に摂取できず低体重や流産を引き起こす危険性があります。

さらに、授乳中のカフェイン摂取は母乳を伝って赤ちゃんへ届き、興奮状態が続く、泣き止まないなどといったトラブルを招くことがあります。

⑤貧血持ちの場合

コーヒーには「タンニン」と呼ばれる成分も含まれています。このタンニンには鉄分の吸収を妨げる働きがあります。コーヒーを摂取する場合は、食後30分~1時間経過した頃にしましょう。

⑥胃腸炎などの症状がある場合

胃腸炎など胃に持病を抱えている方は、コーヒーがもたらす胃への負担が大きいため注意しましょう。

⑦薬&サプリメントとの併用

薬やサプリメントと一緒にコーヒーを飲むのはやめましょう。本来もたらされる効果が半減、もしくは思わぬ症状を引き起こす危険性があります。

⑧飲み終えた後の口臭

コーヒーを飲み終えた後、口臭が気になることってありませんか?コーヒーによる口臭には「焙煎成分が下に付着することによって発生するもの」と「空腹時に飲んだことによって発生する胃液の臭い」の2パターンがあります。

どちらも独特な臭いを発生させるため、飲み終えた後は小まめなマウスケアを心がけましょう。

ノンカフェインコーヒーでも美容効果

もしも「カフェインが気になる…」という方は、ぜひノンカフェインコーヒーを活用してみてください!

カフェインによる美容効果は期待できませんが、ポリフェノールによる効果は期待できます。カフェイン入りに比べて副作用が少ないため、より安全にコーヒーを楽しめるのではないでしょうか。

コーヒーのドリップバッグをAmazonでチェックする

関連記事

  1. ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較

    スキンケア

    ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較

    オールインワンというと、少し前まではちょっと物足りない化粧品というイメ…

  2. Twitterで話題の美容方法まとめ|役立つネタから意外なテクまで

    スキンケア

    Twitterで話題の美容方法まとめ|役立つネタから意外なテクまで

    今は美容雑誌などより、Twitterで美容ネタや情報を集める方が手軽で…

  3. 老け顔の原因は睡眠不足!?眠りの質を改善するコツとNG行動

    スキンケア

    老け顔の原因は睡眠不足!?眠りの質を改善するコツとNG行動

    『顔が老けたなぁ…』と感じる原因は毎日の睡眠にもあります。睡眠こそが美…

  4. お肌本来の力を引き出すには肌断食がおすすめ!そのやり方と効果

    スキンケア

    お肌本来の力を引き出すには肌断食がおすすめ!そのやり方と効果

    「肌断食」についての美容記事を雑誌などで読んだことのある人もいるのでは…

  5. 30代から始める大人美容とアンチエイジング!やるべき事とやめる事

    スキンケア

    20代と30代以上のお肌の違いとスキンケア方法

    (最終更新日:2017.12.19)30代以上になると、10代20…

  6. お肌のアンチエイジングケアは何歳から始める?その効果とやり方

    スキンケア

    老化を抑えるアンチエイジングケアの効果と方法

    (最終更新日:2017.12.18)アンチエイジングと聞くと、若返…

おすすめ記事

  1. 上手なメイクでうるツヤ肌に!化粧下地のコツとおすすめアイテム
  2. 自分で在宅エステ!人気がある体の部位別おすすめの美容機器5選
  3. 眉ティントとブリーチは時短メイクの必須アイテム!おすすめと使い方
  4. 今注目の蓄熱式脱毛の効果や回数ってどうなの?メリットとデメリット
  5. 肌トラブル別!化粧水の有効成分まとめ[シミ・シワ・乾燥・たるみ
  6. 大手だけじゃない!人気の脱毛サロン8選&おすすめ脱毛グッズ
  7. お肌本来の力を引き出すには肌断食がおすすめ!そのやり方と効果
  8. 痛くないの?美容鍼の効果やメリットとデメリット
  9. おすすめしたい全身脱毛サロン5選!価格・プラン・サービスを比較
  10. 家庭用脱毛器で永久脱毛!?その効果とおすすめ人気アイテム

アーカイブ

  1. 痩せた後に激太り!ダイエット後にリバウンドしてしまう原因と対策

    ダイエット

    ダイエット後に激太りリバウンドする原因と対策まとめ
  2. 大手だけじゃない!人気の脱毛サロン8選&おすすめ脱毛グッズ

    脱毛

    おすすめの人気脱毛サロン8店舗まとめ|ムダ毛処理
  3. 髪のツヤとハリを取り戻す!頭皮・毛根を健康にして髪質を改善

    ヘアケア

    髪質改善でツヤとハリを|頭皮や毛根を健康にする方法
  4. 上手なメイクでうるツヤ肌に!化粧下地のコツとおすすめアイテム

    メイク

    上手なメイクでうるツヤ肌に!化粧下地のコツとおすすめアイテム
  5. 寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策

    スキンケア

    寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策
PAGE TOP