毛穴ケアからメイクの仕上げまで使える!おすすめ綿棒美容法

毛穴ケアからメイクの仕上げまで使える!おすすめ綿棒美容法

綿棒=耳掃除のアイテムというイメージが強いと思いますが、綺麗な人ほど綿棒を美容に上手に活用しています。そこで、綿棒を使った簡単で効果的な美容法をいくつか紹介します。

綿棒+オイルでいちご鼻改善

綿棒美容法で最近注目を集めているのが、オイル綿棒による毛穴ケアです。オイルを染み込ませた綿棒で、鼻の毛穴汚れをお掃除するという美容方法で、ツイッターでも「小鼻がツルツルになる!」「続けたら黒ずみが薄くなってきた」と嬉しい声が続々。

綿棒+オイルでいちご鼻改善

用意するもの

  • 綿棒 1本
  • 植物性または動物性のオイル
  • コットン
  • 化粧水、乳液など普段使用している保湿化粧品

方法

  1. 入浴中、またはホットタオルを鼻にのせて毛穴を開いたあと、オイルをたっぷり染み込ませた綿棒で気になる部分をくるくるする
  2. コットンで鼻についたオイルを拭き取り、冷水ですすいで毛穴を引き締める
  3. いつも通り保湿ケアをして完了

オイル綿棒で毛穴が掃除できるのはなぜ?

肌馴染みのいいオイルが毛穴周辺の皮膚を柔らかくして、綿棒が毛穴から飛び出した角栓をからめとります。皮膚が柔らかくなってから綿棒でくるくるっとするだけなので、毛穴パックのように肌に強い刺激を与えなくても汚れがスッキリ取れるというわけです。

ちなみに、使うオイルはツイッターでの口コミを見てみると、ベビーオイルに人気があります。中には、食用のオリーブオイルを使っている人もいるようです。オイルは、オリーブオイルやホホバオイルのような、植物性由来のものと、馬油のような動物性由来のものの2種類があります。

黒ずみがひどいなら、肌に馴染みやすい動物性由来のものがオススメです。ちなみに、筆者はヴァセリンを使って試してみましたが、綿棒がうっすら黄色くなって汚れが取れていたので、ヴァセリンでも十分使えると思います。

そもそも角質って何?正しいいちご鼻ケアとは?

毛穴の中にある角栓は、分泌した皮脂と角質でできています。角栓は黒ずみの元という悪いイメージがありますが、実は毛穴に汚れやホコリが入るのを防ぐ役割があるのです。

しかし、洗顔を怠ったり、保湿が不十分だと角栓がどんどん成長して、毛穴を押し広げて外に出てきてしまい、外に出た角栓は酸化して黒ずみになってしまいます。角栓の本来の働きをキープしながら、黒ずみを防ぐためには、日頃の丁寧なスキンケアと、月に2回のスペシャルケアで余分な角質を落とすことが大切なのです。

また、綿棒美容法の中には、綿棒で角栓を押し出すという強制的な毛穴ケアを行なっている方もいるようです。ただ、綿棒に限らずピンセットで角栓を取り除いたり、昔流行った毛穴パックのように、強い力で角栓を取り除くのはあまりオススメできません。

毛穴ケアは、やりすぎると逆に毛穴が広がったり、黒ずみが悪化するリスクもあります。オイル綿棒による毛穴ケアは、力を入れずに優しく毛穴を掃除するというのがポイントなので、無理やり角栓を押し出す方法は避けた方が良いでしょう。

綿棒で細かい部分まで保湿しよう

綿棒による保湿ケアで必要なものは、普段使用している乳液やクリーム。綿棒を使って、指では丁寧につけづらい部分を保湿します。

綿棒で細かい部分まで保湿しよう

保湿しにくい目元も綿棒で楽々!

目元の皮膚は他の部分の皮膚と比べて、非常に薄くデリケート。目元のシミ、シワが気になってクリームや乳液を指で伸ばすだけでも、摩擦による刺激で皮膚が傷ついてしまいます。

クリーム、乳液を優しくつけるといっても、しっかり保湿できているか気になって何度も重ね付けしてしまう人も多いでしょう。綿棒を使えば、肌への負担を減らして細かい部分にもクリーム、乳液、美容液をつけられます。

綿棒でシミ、シワ、まつげケアまでできる!

シワが気になるなら、クリームか乳液を綿棒にたっぷりつけて、シワの部分に優しく塗り込みましょう。力を入れなくてもシワの細かい部分に保湿成分が入り込みます。

シミが気になるなら、シミ予防に効果的と厚生労働省が認定している「ビタミンC誘導体」を配合している美容液を綿棒につけて、シミ部分やシミができやすい目元になじませましょう。

また、まつげケアも綿棒で簡単にできます。まつげの生え際に乳液やクリームを塗って保湿すると、細胞が活性化してまつげの成長サポートになります。

乳液綿棒でメイク直しもメイクの仕上げも楽々

外出先でメイク直しをするときに便利なのが、乳液綿棒です。普段使用している乳液を小さなケースに詰め替えて、メイク直しの時に綿棒につけて使います。

乳液には油分が含まれているので、皮脂やコスメに含まれている油分に馴染みやすく、メイク汚れをスッキリ落とせるのです。乳液を詰め替えるケースですが、私は100円ショップで購入したコンタクトケースを使っています。ポーチの中でかさばりにくいから便利ですよ!

アイライン、マスカラのにじみを乳液綿棒でオフ

時間が経ってにじんでしまったアイラインは、乳液綿棒で綺麗に拭き取って新しく描き直しましょう。乳液を染み込ませた綿棒で、にじんだ部分を撫でるだけ。力を入れなくてもスルッと汚れが落ちます。

マスカラは、にじんで下まぶたについた部分を乳液綿棒で撫でて、フェイスパウダーをブラシでのせればオーケー。

皮脂でファンデーションがよれやすい小鼻を綺麗にする

皮脂分泌が多い小鼻は、ファンデーションが浮いてテカテカになったり、ファンデーションが落ちて赤みが目立つことがありますよね。乳液綿棒で小鼻の部分だけメイクを一度落として、もう一度ファンデーションをつけ直しましょう。

乳液綿棒で気になる部分を撫でて、コットンかティッシュで小鼻を押さえて乳液を拭き取ります。リキッドファンデを綿棒につけて、小鼻にトントンとのせ、指で叩き込めば完了です。

綿棒+ヴァセリンでハイライト効果

最近人気の「うるツヤメイク」。肌や目元、唇に自然なツヤを与えるメイク方法ですが、うるツヤメイクにも綿棒が使えます。使うものは、綿棒とヴァセリン。綿棒につけたヴァセリンを、ツヤを与えたい部分にちょこんとのせて指でポンポンと叩き込みます。

ハイライトよりもナチュラルで、肌の内側からツヤが出ているように仕上がるんです。乾燥しやすい目の下の三角ゾーン、まぶたの中央にのせるのがオススメです。

また、リップメイクでは中央にのせたリップをヴァセリン綿棒でぼかすと、グロスよりも自然なツヤを出せます。保湿をしながらメイクの仕上げをする感覚ですね。乾燥が激しくなる秋冬にオススメのテクニックです。

メイク落としも綿棒でポイント落とし

毎日仕事でしっかりアイメイクをする方は、専用のリムーバーでアイメイクを落とすという方が多いと思います。リムーバーを使うとき、コットンや手で洗うよりも、綿棒で丁寧に綺麗に落としてみてください。

こするのはシミの原因であるメラニンの発生を促したり、シワの原因になってしまうのでNGです。リムーバーを含ませた綿棒でまぶたのキワから丁寧に汚れを落とせば、コスメの色素沈着も防げますよ!クレンジング後は保湿ケアもお忘れなく。

用途に合わせて綿棒の種類も進化

綿棒美容法で使う綿棒は、100円ショップで売っている大容量タイプのものでもなんでも良いです。しかし、最近は綿棒の種類も多様化していて、より使いやすいものが販売されています。

例えば、メイク用に先端が通常の綿棒より細くなっているものや、先端が凸凹になっていて汚れが取れやすくなっているものなど、用途によって綿棒を使い分けてみるとスキンケアやメイクがもっと楽になるのではないでしょうか。

まとめ

綿棒美容法のように、ひと手間をかけるだけでも毎日のスキンケア効果や、メイクの仕上がりがグッと変化します。いちご鼻ケアや保湿ケア、メイク直しから仕上げにまで万能な綿棒を最大限活用して、お金をかけずに美しさを磨いていきましょう!

関連記事

  1. 指原莉乃もおすすめ!グラデーションリップのメイク方法とは

    メイク

    指原莉乃もおすすめ!グラデーションリップのメイク方法とは

    グラデーションリップってご存知ですか?韓国でそのメイク方法に人気に火が…

  2. 「元から美人顔」を作る!メイクのぼかしテクニック

    メイク

    「元から美人顔」を作る!メイクのぼかしテクニック

    程良いメイクは女性本来の美しさを引き出してくれますが、過剰になると顔立…

  3. アイラインのタトゥー「アートメイク」とは?

    メイク

    アイラインのタトゥー「アートメイク」とは?

    もしも消えないアイライナーがあったとしたらあなたは使いますか?アイライ…

  4. メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方

    メイク

    メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方

    メイクをする上でチークは重要なポイントです。どのように入れるかによって…

  5. ティントを使わず口紅リップメイクが落ちにくくなる方法

    メイク

    ティントを使わず口紅リップメイクが落ちにくくなる方法

    せっかくキレイにメイクを仕上げたのに、食事をしたらカップに口紅がベット…

  6. 眉ティントとブリーチは時短メイクの必須アイテム!おすすめと使い方

    メイク

    眉ティントとブリーチは時短メイクの必須アイテム!おすすめと使い方

    眉毛のカタチは顔の中で一番トレンドを反映するパーツですよね。女優さん風…

おすすめ記事

  1. 馬油は乾燥肌の強い味方!赤ちゃんやニキビケアにもおすすめ
  2. オーガニックシャンプーのメリットとデメリット!おすすめ商品3選
  3. 美肌ホルモンを活性化する!画期的なオールインワンクリームとは
  4. 大手だけじゃない!人気の脱毛サロン8選&おすすめ脱毛グッズ
  5. お肌のアンチエイジングケアは何歳から始める?その効果とやり方
  6. 女性の鼻毛をキレイに処理する方法まとめ
  7. ティントオイルルージュとスティック状グロスの使い分け術
  8. 効果的な光脱毛はどれ?IPL方式・SSC方式・SHR方式の違いと特徴
  9. メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方
  10. コーヒーに隠された美容効果とは?成分と効果的な飲み方について

アーカイブ

  1. 夏の体臭予防!プロ用わきが・加齢臭ケアクリームでニオイを解消する

    体臭予防

    ワキガと加齢臭の原因と対策|おすすめケアクリーム
  2. 忙しい朝は時短化粧品で素早くメイク!おすすめの人気アイテムを紹介

    メイク

    時短化粧品で素早くメイクするおすすめ人気アイテム
  3. 眉毛の悩みを一気に解決してくれるおすすめアイブロウ2選!

    メイク

    人気おすすめアイブロウ|メイク眉毛の悩みを解消
  4. 美容業界初のシワ有効成分!美肌酵素配合クリーム「珠肌のうみつ」

    スキンケア

    珠肌のうみつ|シワ有効成分配合の美肌酵素クリーム
  5. 野菜中心の食事でダイエットと美肌効果!ベジヌードルのレシピ

    ダイエット

    ベジヌードルのレシピ|野菜中心でダイエットと美肌効果
PAGE TOP