メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方

メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方

メイクをする上でチークは重要なポイントです。どのように入れるかによって、顔全体の雰囲気も大きく変わってきます。上手なチークメイク方法をマスターして、化粧の仕上がりをグレードアップさせましょう。

チークの種類と使い方

チークというと、多くの人はパウダーチークをイメージするのではないでしょうか?実際、メイクの初心者の人には、ふんわりと色づいて誰でも気軽に使えるパウダータイプがおすすめです。

しかし、チークにはほかにもクリームタイプやリキッドタイプのものがあります。これらのタイプが向いている人もいるので、ぜひ、それぞれのタイプのチークの特徴と使い方をチェックして自分に合うものを探してみましょう。

パウダーチーク

広く使われているパウダーチークは、チークパウダーを固めたプレストタイプのものです。このタイプのものは、特に、脂性肌や混合肌などお肌がテカりやすい人におすすめです。ファンデーションになじみやすく3種類の中では一番使いやすいタイプのチークです。

使い方は、ブラシにつけたら、まず手の甲の上でなじませることによってチークを自然な感じでのせていきます。チークにはパフや小さなブラシがついていることがありますが、これらは使わず大きめのチーク専用ブラシを新しく購入して使うことが重要です。これによって、均等にチークをつけられます。

パウダーチークをAmazonで注文する

クリームチーク

肌にしっかり密着するため色持ちがいいのが特徴のチークです。発色もよく、つけた後カサつきにくいのでお肌になじみやすくパウダータイプより自然な仕上がりになります。乾燥肌や混合肌など乾燥に悩みがちな人のお肌に向いています。

使い方は、指につけて手の甲の上にのせ、それをスポンジにつけてぼかしながらお肌に伸ばしていきましょう。こすらないことが大切です。これによって、色ムラができにくくなります。

クリームチークをAmazonで注文する

リキッドチーク

自然な雰囲気の仕上がりが特徴のチークです。リキッドタイプなので水分を多く含み、伸ばしやすいのもメリットです。ただし、つけ方が悪いとムラになりやすく一度ムラになるとなかなか修正できないので使用するにはある程度のメイクテクニックが必要です。

使い方は、指につけて手の甲の上でなじませお肌の上で軽く伸ばしていきます。指の腹の部分でやさしくトントンとたたいてからなじませていくのがポイントです。チークの輪郭部分は特に細かくたたいておくと自然な仕上がりになります。

リキッドチークをAmazonで注文する

肌色別・上手なチークの選び方

チークの悩みのひとつに、どの色を選んだらいいのかという問題があります。自分の肌色に合うチークを使うことによって、顔全体の雰囲気が鮮やかになります。ぜひ、自分に合う色のチークを選ぶ方法も知っておきましょう。

自分の肌色に合うチークを選ぶには、まず、自分のお肌の色を知っておくことが大切です。お肌の色には大きく分けるとイエローベースとブルーベースの人に分かれます。まず、自分がそのどちらに当てはまるのかを把握します。

あなたのお肌のベースをチェック

自分のお肌がイエローベースかブルーベースかをチェックするには、さまざまな方法がありますが今回は簡単なチェック方法をご紹介します。

準備するものは金色と銀色の折り紙です。100均などで手に入れると格安でチェックできます。この金色と銀色の折り紙を顔の左右に当ててみます。すると、どちらかの色が肌をきれいに見せるはずです。合う色を知ることで自分のお肌がイエローベースかブルーベースかをチェックすることができます。

肌がきれいに見えると感じた色が金色の場合はイエローベース、銀色の場合はブルーベースである場合が多いです。これを参考にして、自分の肌色に合うチークを探して行きましょう。

イエローベースの人の場合

イエローベースの肌色の人はオレンジやコーラルなど黄色に近い色が合います。

ブルーベースの人の場合

ブルーベースの肌色の人はピンクやローズなど青色に近い色が合います。

色白か色黒か

色白であるか色黒であるかによっても合うチークの色が異なります。

色白の人

お肌の白い人は明るくて薄いカラーのチークを選ぶと違和感なくメイクできます。

色黒の人

お肌が黒い人は色が暗めでちょっと濃い色のチークを選びましょう。顔全体の雰囲気に自然に溶け込みやすくなります。

オレンジ系とピンク系

オレンジ系とピンク系、どちらがお肌に合うチェックできましたか。次は、オレンジ系とピンク系の中でも、どのカラーを選べばいいのか細かく確認します。

オレンジ系とピンク系のそれぞれのチークについて、どのような色がありどんな効果があるのかについても知っておくことが大切です。後は、自分がどのような演出をしていきたいのかによっても選ぶチークカラーは異なりますね。

オレンジ系チーク

オレンジ系のチークカラーの主なものを挙げると「コーラルオレンジ」「スウィートアプリコット」「スウィートオレンジ」などがあります。

  • スウィートアプリコットは肌なじみがよくたいていの人に似合います。シーンを選ばないで使えるので迷ったらこの色を選べば失敗は少ないです。
  • コーラルオレンジは、オレンジ色でありながらピンク色寄りのカラーです。少し女性らしさをアピールしたいときにおすすめです。
  • スウィートオレンジは、オレンジがより強調されていて元気な印象を与える色です。今日は元気さをアピールしたいというときには効果的です。

ピンク系チーク

ピンク系のチークカラーの主なものを挙げると「コーラルピンク」「ローズピンク」「ペールピング」などがあります。

  • コーラルピンクは、日本人の顔に合うカラーで失敗しにくいカラーなので迷ったらこの色を使うことをおすすめします。ふんわりかわいいイメージになり、男性ウケもいいのでコーラルピンクはひとつ持っておくといいでしょう。
  • ローズピンクは、上品でフェミニンなイメージに仕上がります。派手過ぎないので安心して使える色です。
  • ペールピンクは、青みを帯びていてはかなげなイメージを与える色です。色白の人が使うと似合います。ただ、顔色が悪い人が使うと元気がなさそうなイメージにもなりやすいので自分に合うかどうかをしっかりチェックして使うことが大切です。ただし、似合う人にはとても素敵に映る色です。

イメージ別・チークの入れ方

その日の状況によって、自分をどのように演出するかでチークの入れ方は変わってきます。そこで、見せたいイメージ別にチークの入れ方を紹介します。

かわいいイメージ

かわいいイメージに仕上げたい場合は、頬骨の高めの位置にチークを入れるのがポイントです。少し小さめの円を丸く描くように入れると効果的です。この円が大きくなると逆に顔が大きく見えることになるのでその点注意しましょう。

大人っぽいイメージ

大人っぽいイメージに仕上げたい場合は、頰の高い位置よりやや低めの位置からチークを入れるのがポイントです。そこから、こめかみに向けてななめにチークを入れていきます。これで、大人っぽく知的なイメージになります。ただ、あまり低すぎる位置にすると老けた印象になるので気をつけましょう。

上品なイメージ

上品な雰囲気にしたい場合は、耳の横からチークを入れていきます。耳の横から小鼻に向けて、やや平行気味にチークを入れます。これによって上品な印象に仕上がります。

華やかなイメージ

今日は華やかな雰囲気にしたいという場合は、練りチークを使ってみましょう。小鼻の横にちょっとつけて指を使ってななめ上に伸ばしていきます。上手にぼかしながら伸ばしていきましょう。使い方の難しいチークですが、練りチークを使うことで頬に立体感が出ます。また、ツヤ感も出て華やかな印象になるので、ぜひ、練りチークにも挑戦してみましょう。

小顔に見せるチークの入れ方

顔をできるだけ小さく見せたい人のために、おすすめのチークの入れ方についてもご紹介しましょう。ポイントはチークを縦に近い斜めのラインとして入れることです。これによって、顔がシャープに見えてきます。

具体的には頬の一番高い位置からこめかみに向けてチークを入れます。できるだけ思い切って縦に近い斜めのラインとして入れることで顔に立体感が出て小顔に見えるようになります。

顔の型別チークの入れ方

人にはたまご型や丸顔、逆三角形などそれぞれ顔の型があります。そして、その顔の型を活かしたチークの入れ方をすることでその魅力を倍増させることができます。ぜひ、自分の顔型に合うメイクテクニックを覚えてあなたの魅力を引き出しましょう。

顔の型別チークの入れ方

たまご型

比較的多いとされるたまご型の人の場合、一番基本的なチークの入れ方が向いています。頬の一番高い部分にチークをつけたブラシを当てて、そこからこめかみに向けて円を描くように動かします。

チークは黒目の下の真ん中より外側に入れると大人っぽい雰囲気に、そして、内側に入れると童顔に見えます。自分の好みによって、入れ方を変えてみましょう。

丸顔型

丸顔の人はできるだけ顔をシャープに見せたい人が多いのではないでしょうか。ですから「小顔に見せるチークの入れ方」と同じ方法でチークを入れると効果的です。また、チークを入れる幅を狭くすることでさらに引き締まって見えます。

また、丸顔の人は童顔に見えやすいのでチークは黒目の下の真ん中より外側に入れるようにしましょう。間違っても頬の上に丸くチークを入れてはいけません。丸顔をさらに強調してしまうことになります。

面長型

面長の人は丸顔の人とは逆に大人っぽい印象になりがちです。なので、かわいい印象にしていきたいですね。頬の一番高い位置より少し下の部分から横に向けてサッとチークを入れていきます。

すると、縦長の顔が横に広がって見えかわいくなります。頬の一番高いところより少し下にチークを入れることによって、顔が短く見える効果もあります。

逆三角形型

逆三角形の顔型の人はあごがとがって見えるので理知的でクールな印象を持たれがちです。少し柔らかいイメージにしていくためには、あごを目立たせないように頬の高い部分より少し上の位置に丸くチークを入れていきましょう。これで、ふんわりとした雰囲気を出せます。

ほかの顔型ではスッと線を引くようにチークを入れた方がいいケースが多いのですが、逆三角形の場合はどこまでもくるくると丸くチークを入れることが大切です。また、黒目の下より内側に重点を置くと顔がかわいく見えます。

ベース型

ベース型の人の場合、エラが気になっている人もいるのではないでしょうか?エラもチークの入れ方によって目立ちにくくできます。ベース型の人は頬の真ん中からこめかみにかけてゆるやかな円を描くようにチークを入れていきます。

これによって、気になるエラの部分を目立たなくさせることができます。横に向けて広いラインを入れるとますますエラが強調されるので上に向けてチークを入れるのがコツです。また、黒目の下の部分より外側に色がしっかりつくように入れるとさらにエラが目立ちにくくなります。

知っておくと便利な裏技

ほかにもチークを入れる上で知っておくと得する裏技がいくつかあります。

チークをつけすぎた場合

チークで難しいのは、チークの色の濃さを加減することです。もし、チークが濃くなり過ぎたと感じたらスポンジで少したたいて落とした後、フェイスパウダーを軽く塗って薄くしていきましょう。

チークが落ちやすい場合

せっかくつけたチークがすぐに落ちてしまう場合や、メイク後長時間化粧直しができない場合は、まず、クリームチークを塗っておきましょう。その上に、同じ色味のパウダーチークを重ねていきます。

これで、かなり持ちがよくなります。ただし、この方法でつける場合はクリームチークもパウダーチークも薄づけすることが大切です。この方法で塗ると濃くなりすぎて不自然な感じになりやすいので注意しましょう。

たるみを隠したい場合

お肌のたるみが気になる人は、頬の高いところにチークブラシを持ってきてそのまま細長くななめに上げるようにチークを入れていきます。これにより、顔がリフトアップしたように見えます。

チークブラシを選ぶポイント

チークを上手に塗る上で重要なポイントはチークブラシの選び方です。おすすめなのは持ち手が長く毛質のやわらかいものです。持ち手が長いと、力が均等に入るのでチークをうまくぼかすことができます。また、毛がやわらかいブラシを選ぶとチークで顔に微妙なニュアンスを作ることができるのでおすすめです。

チークブラシをAmazonで注文する

チークを入れる上での注意点

チークを上手に入れてメイクを完成させるためにはチークを入れた後、鏡の前で少し下がって遠目にどう見えるのかをしっかりチェックしておきましょう。

近くで見て濃く見えていても遠くから見てみるとちょうどいいこともあります。逆に、近くではちょうどいい感じに塗れたと思っていても遠目に見ると濃すぎることもあるので、ぜひ、最後のチェックは必要です。

また、チークはどちらかというとつけ過ぎる場合が多いので、最初は薄づけを心掛けることが重要です。何度もつけていくことで、だんだんちょうどいい量を自分なりに把握することができ失敗もなくなります。

ぜひ、自分に合うチークの入れ方をマスターしてメイクテクニックをアップさせていきましょう。

チーク人気ランキング

関連記事

  1. 塗るだけで二重まぶたになる?ナイトアイボーテの体験レポート

    メイク

    塗るだけで二重まぶたになる?ナイトアイボーテの体験レポート

    テレビに映る女性芸能人たちの多くは、二重のパッチリとした大きな瞳を持っ…

  2. 忙しい朝は時短化粧品で素早くメイク!おすすめの人気アイテムを紹介

    メイク

    時短化粧品で素早くメイクするおすすめ人気アイテム

    (最終更新日:2017.12.18)朝遅く起きてしまったりバタバタ…

  3. 色気のあるナチュラルメイク!大人の女性向けメイクテクニックとは

    メイク

    色気のあるナチュラルメイク!大人の女性向けメイクテクニックとは

    「大人の女性になりたい!」と思ってメイクの練習をしても、ただの厚化粧に…

  4. ティントを使わず口紅リップメイクが落ちにくくなる方法

    メイク

    ティントを使わず口紅リップメイクが落ちにくくなる方法

    せっかくキレイにメイクを仕上げたのに、食事をしたらカップに口紅がベット…

  5. ファンデーションは必要?上手なナチュラルベースメイクで美肌に

    メイク

    ファンデーションは必要?上手なナチュラルベースメイクで美肌に

    最近、雑誌やYouTubeなどで一般の方のメイク術を目にするのですが、…

  6. 「元から美人顔」を作る!メイクのぼかしテクニック

    メイク

    「元から美人顔」を作る!メイクのぼかしテクニック

    程良いメイクは女性本来の美しさを引き出してくれますが、過剰になると顔立…

おすすめ記事

  1. 食べるだけで簡単ダイエット!「干しぶどう酢」の効果と作り方
  2. 痛くないの?美容鍼の効果やメリットとデメリット
  3. 楽してやせたい!ダイエット食品&サプリメントの効果とは?
  4. 上手なメイクでうるツヤ肌に!化粧下地のコツとおすすめアイテム
  5. 大手だけじゃない!人気の脱毛サロン8選&おすすめ脱毛グッズ
  6. 馬油は乾燥肌の強い味方!赤ちゃんやニキビケアにもおすすめ
  7. 家庭用脱毛器で永久脱毛!?その効果とおすすめ人気アイテム
  8. ムダ毛処理ではどちらを選ぶ?レーザー脱毛と光脱毛を徹底比較
  9. 低価格のおすすめ人気脱毛サロン「脱毛ラボ」の実体験と口コミ

アーカイブ

  1. 眉ティントとブリーチは時短メイクの必須アイテム!おすすめと使い方

    メイク

    眉ティントとブリーチは時短メイクの必須アイテム!おすすめと使い方
  2. 寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策

    スキンケア

    寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策
  3. お湯を沸かすだけ!?正しい白湯の作り方と効果・体調管理方法

    ダイエット

    お湯を沸かすだけ!?正しい白湯の作り方と効果・体調管理方法
  4. お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点

    スキンケア

    お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点
  5. ボディスクラブの効果と使い方|すべすべ美肌対策

    スキンケア

    ボディスクラブの効果と使い方|すべすべ美肌対策
PAGE TOP