「元から美人顔」を作る!メイクのぼかしテクニック

「元から美人顔」を作る!メイクのぼかしテクニック

程良いメイクは女性本来の美しさを引き出してくれますが、過剰になると顔立ちがきつくなり、周囲にも不自然な印象を与えてしまいます。

そのような失敗を避けるために覚えておきたいのが、「減らす」のではなく「ぼかす」メイクのテクニックです。

今回は、ついやりすぎてしまいがちな目元とチークのボカシテクニックについて、それぞれ解説したいと思います。

ぜひマスターし、適度なメリハリがありながらもあくまで自然な「元から美人顔」を目指してみてください!

目元のぼかしメイク

印象的に仕上げたいからとつい張り切ってしまうパーツではありますが、濃い色だけでバッチリ塗りたくったアイメイクは女性らしい「隙」がなく、異性からも敬遠されがちです。

そこでトライしていただきたいのが、「アイシャドウの指塗り」になります。まずはチップを使わず、自身の指でなでるようにしてアイシャドウを取ってください。

そして、まぶたにワイパーを掛けるようなイメージで、指の腹を左右に動かしながら、アイホール全体に色を馴染ませていきます。

こうすることで自然と色にボカシが入り、コントラストの際立ちすぎない優しい目元が演出されるのです。

下まぶたに色を乗せる場合は、なるべく細いチップを使い、目尻側から黒目の外側までの範囲で行います。

全体を色で囲むのではなく目頭の部分にヌケを作ることで、こなれた雰囲気に仕上げてください。

アイシャドウをAmazonで注文する

続いてアイライナーの入れ方ですが、こちらも一歩間違えると、いかにも「化粧をしました!」という顔つきになってしまいます。

ですから、アイライナーを引いた後にはブラウンのアイシャドウを細チップにとり、「ぼかすようにシャドウラインを引く」というひと手間を加えてあげましょう。

これだけで、ライナーの輪郭が自然と目元に馴染み、適度なメリハリが生まれるのです。

アイライナーをAmazonで注文する

チークのぼかし方

思い切りチークの色を強調させるのも場合によっては可愛いと思うのですが、どうしても子供っぽい印象になってしまいますよね。

大人の女性が目指したいのは、本来の顔色の血色が良く見えるような、自然な上気感を持つ頬です。しかしチークも、つい濃くなってしまいがちですよね。

メイクの過程で一度色を乗せてしまうと、薄くするのがなかなか難しいため、左右のバランスを見ながらどんどん量を足してしまい、お酒に酔ったような顔になってしまったことがありませんか?

このような失敗を避けるための基本として、チークはいったん手の甲に取り、発色を確認してから頬へ乗せるように心掛けましょう。

ちなみにオススメなのは、クリームチークの上からパウダーチークを重ねる「2段仕込み」です。最初に使うクリームチークは、ファンデーションに血色を馴染ませるようなイメージで仕込んでいきます。

大き目のチークブラシの先に色を取り、トントンとブラシの先を頬に当てながら、色づく範囲を徐々に広げるように塗っていく方法が簡単です。ただ、適当な大きさのチークブラシがない場合には、指先で代用することもできます。

指先で行う際にも、トントンとたたくようにして色を馴染ませ、肌と一体化させるように心掛けてください。その後に使うパウダーチークは、淡い色の方がより自然に仕上がります。

クリームチークの色味や輪郭を優しくぼかすようにして、パウダーチークを広げていってください。ぽわっと色づいた頬に仕上がり、顔色が明るくなります。

クリームチークとパウダーチークの合わせ技は、深みのある仕上がりを助けてくれるだけでなく、色もちもグンと良くしてくれますので、ぜひチャレンジみてくださいね!

なおクリームチークについては、キャンメイクといったプチプラコスメの中にも優秀なアイテムがたくさんありますので、さまざまな色味を試し、自分の肌になじむとびきりの一色を探してみても良いでしょう。

いかがでしたか?メイクの仕上げに「ボカシて馴染ませる」というひと手間を加えるだけで、あなた自身の「素材の良さ」を生かした上品な顔を手に入れることができますよ。

チークをAmazonで注文する

関連記事

  1. ファンデーションは必要?上手なナチュラルベースメイクで美肌に

    メイク

    ファンデーションは必要?上手なナチュラルベースメイクで美肌に

    最近、雑誌やYouTubeなどで一般の方のメイク術を目にするのですが、…

  2. 塗るだけで二重まぶたになる?ナイトアイボーテの体験レポート

    メイク

    塗るだけで二重まぶたになる?ナイトアイボーテの体験レポート

    テレビに映る女性芸能人たちの多くは、二重のパッチリとした大きな瞳を持っ…

  3. 上手なメイクでうるツヤ肌に!化粧下地のコツとおすすめアイテム

    メイク

    上手なメイクでうるツヤ肌に!化粧下地のコツとおすすめアイテム

    最近、メイク雑誌の特集でもよく取り上げられている「うるツヤ肌」。内側か…

  4. 乳化が重要ポイント!オイルクレンジングでメイク落とし

    メイク

    乳化が重要ポイント!オイルクレンジングでメイク落とし

    皆さんは毎日のメイクをしっかり落とせている自信がありますか?化粧崩れし…

  5. ティントを使わず口紅リップメイクが落ちにくくなる方法

    メイク

    ティントを使わず口紅リップメイクが落ちにくくなる方法

    せっかくキレイにメイクを仕上げたのに、食事をしたらカップに口紅がベット…

  6. マスカラやまつエクより重要?まつ毛美容液でのケアとおすすめ商品

    メイク

    マスカラやまつエクより重要?おすすめまつ毛美容液

    パッチリと印象的な目元に欠かせないまつ毛のおしゃれですが、マスカラだけ…

おすすめ記事

  1. 寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策
  2. お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点
  3. 30代から始める大人美容とアンチエイジング!やるべき事とやめる事
  4. 髪がうねる原因と対策!ドライヤーの使い方とおすすめシャンプー
  5. ファンデーションは必要?上手なナチュラルベースメイクで美肌に
  6. ダイエットサプリの種類と選び方!効果が高いおすすめサプリメント
  7. アイラインのタトゥー「アートメイク」とは?
  8. ダブル洗顔って必要?洗顔とクレンジングの違いについて徹底解説!
  9. ムダ毛処理ではどちらを選ぶ?レーザー脱毛と光脱毛を徹底比較

アーカイブ

  1. アイラインのタトゥー「アートメイク」とは?

    メイク

    アイラインのタトゥー「アートメイク」とは?
  2. 夏の体臭予防!プロ用わきが・加齢臭ケアクリームでニオイを解消する

    体臭予防

    ワキガと加齢臭の原因と対策|おすすめケアクリーム
  3. フェイスラインを取り戻す!人気おすすめホームエステ家電と美顔器

    エステ

    フェイスラインのたるみ対策!おすすめホームエステ家電と美顔器
  4. 老け顔の原因は睡眠不足!?眠りの質を改善するコツとNG行動

    スキンケア

    老け顔の原因は睡眠不足!?眠りの質を改善するコツとNG行動
  5. 塗るだけで二重まぶたになる?ナイトアイボーテの体験レポート

    メイク

    塗るだけで二重まぶたになる?ナイトアイボーテの体験レポート
PAGE TOP