脱毛サロンに行く前に前処理が大切!ムダ毛をお手入れするポイント

脱毛サロンは前処理が必須!ムダ毛をお手入れするポイント

脱毛サロンやクリニックで施術を受けるにあたり、「前処理をきちんと行ってくるように」言われたという人も多いのではないでしょうか?

しかし、実際ムダ毛を処理しようとしても「自分では手が届かない」「死角になっていて上手く剃れない」「剃り残しが出てしまう」などの悩みが出てきますよね。

そこで、「脱毛前のムダ毛の処理はなぜ大切なのか?」と「ムダ毛を上手に処理するポイント」について解説します。

脱毛前は前処理が重要!

まず、なぜ脱毛の施術前に前処理が重要となるのかを簡単に解説します。

(1) 火傷などの肌トラブルをなくすため

脱毛する時は光をお肌に照射しますが、この時に毛が長く伸びていると熱が毛の全体に伝わり、熱をもった毛が肌に付着すると火傷をしてしまいます。ですから、熱くなった毛が肌に付着しないようにするために、きちんとムダ毛を処理する必要があるのです。

(2) 脱毛効果を実感しやすくするため

照射時に毛が伸びていると光が毛先の方だけに反応して、毛根組織まで熱がしっかり伝わらなくなってしまいます。なので、熱がきちんと毛乳頭まで届くように毛を短くカットします。大体1~2mm残すくらいが理想的です。

脱毛サロンに行く前には前処理が大切 処理が不十分だと肌を痛めてします

脱毛サロンに行く前には前処理が大切 理想的な長さは1~2mm残す程度

(3) 予約を取りやすくするため

最近は脱毛サロンも混み合っていて予約が取りにくくなっています。なので、ムダ毛の処理の準備までサロンで行っていると、脱毛する時間がなくなってしまったり、予約じたいが取れなくなってしまいます。

剃り残しがあるとペナルティーを取られてしまう?

店舗によっては、ムダ毛の剃り残しがあるとペナルティーを取られてしまうところもあります。ここでは、どのようなペナルティーがあるのか、サロンごとのペナルティー条件もを紹介します。

(1) 剃り残し部位は避けて照射

施術前にスタッフが剃り残しをチェックして、きちんと処理できていなかった場合は、その部位の照射を避けて行うことがあります。

そうなると、前処理が不十分な場所だけ毛が残ってしまいます。ただし、サロンによっては手の届かない背面は無料で処理をしてくれるお店もあります。

(2) シェービング料金を請求される

サロンによっては、ムダ毛の剃り残しがあるとスタッフがお手入れしてくれますが、その際のシェービング料金を請求されることがあります。平均で1回1,000円前後ですが、毎回請求されるとかなり高額となってしまうので勿体ないです。

【 各サロンのシェービング条件 】
サロン名  シェービングの条件
ミュゼプラチナム ヒップ、襟足、背中は無料
それ以外は避けて照射
シースリー シェービングサービスは無料
脱毛専門店の銀座カラー ヒップ、背中はシェーバー持参で無料
その他の部位は避けて照射
脱毛サロン KIREIMO
パックプランは無料
月額制は1回1,000円請求
1,990円/月 (税抜) の脱毛ラボ
剃り残しがあると1回1,000円請求
顔やVIOは追加で500円請求

このように、きちんと前処理を行ってこないと、サロンによってはペナルティーを課せられてしまうので気をつけて下さい。

この部位の前処理は特に注意!

ここでは、前処理する時に剃り残しが多くなりやすい部位を4つ紹介します。下記のような部位は特に意識をしてしっかり処理しましょう。

また、ムダ毛処理をする時は剃り残しがないかちゃんと確認をして、手の届かない部位は無理をせず、家族やスタッフに手伝ってもらうようにして下さい。

VIO

VIOの前処理は、難易度が高く悩んでしまう部位ですよね。特にIOラインは良く見えないので、どうしても剃り残しが出てしまいます。もし、VIOの処理が難しいという人は、次の章で処理の仕方を解説するので参考にしてください。

顔は濃い毛は生えていませんが、産毛が多くしっかり処理をしたと思っていても、細い毛の剃り残しが多くなります。また、皮膚も傷つきやすくなるので、電動シェーバーで優しく処理するようにしましょう。

背面

背中やヒップ、うなじ、腰など手の届かない部位は処理をするのが大変です。無理に処理を使用とすると肌を傷つけるので気をつけて下さい。

サロンによって背面は無料でムダ毛処理をしてくれるところもありますが、自分で処理しなければいけない場合は、家族や友人に手伝ってもらった方が良いです。

ワキ

ワキは比較的手が届きやすく見やすいので、きちんと処理できているように思えますが、死角もあるので処理した後はきちんと剃れているか再度チェックするようにして下さい。

スムーズにVIOの前処理を行うポイント

ここでは、VIOの前処理を行うポイントについて紹介します。まず、小さいハサミや大きめな鏡を用意しましょう。Vラインは毛が長いので、電動シェーバーで処理をすると絡んでしまいます。ですから、まず毛を短くカットしてからシェーバーで処理をすると肌も傷つけず綺麗に剃れます。

また、IOラインの場合は自分では処理しにくいですが、鏡を使うと少し処理しやすくなります。Oラインは、鏡を置いてその鏡を跨ぐようにしゃがむと肛門周りが見えやすくなりますよ。

ただし、無理をして処理すると肌を傷つけてしまい、脱毛ができなくなってしまったら大変なので、難しいと思ったらスタッフにお手入れをお願いするようにしましょう。小さいハサミや大きめな鏡は、100円均一やドラッグストアで手に入ります。

スムーズにVIOの前処理を行うポイント

まとめ

今回は、脱毛前に行う前処理についていろいろ見てきました。肌トラブルを防いだり、脱毛効果をしっかり出すためには前処理はとても重要なのですね。

また、剃り残しがあるとサロンによってはペナルティーを取られてしまうので気をつけて下さい。VIOの前処理を行う際は、小さめのハサミや鏡を使用すると処理しやすくなるので、お手入れ方法に悩んでいる人がいたら是非活用してみて下さい。

脱毛関連の記事まとめ

関連記事

  1. 脱毛

    女性の脱毛除毛方法まとめ|メリットとデメリット

    (最終更新日:2017.12.20)ムダ毛を処理するには様々な方法…

  2. クリニックのレーザー脱毛の種類!その特徴とメリットとデメリット

    脱毛

    クリニックのレーザー脱毛の種類!その特徴とメリットとデメリット

    エステサロンと違いクリニックや病院では、レーザー脱毛での施術を受けられ…

  3. 低価格のおすすめ人気脱毛サロン「脱毛ラボ」の実体験と口コミ

    脱毛

    脱毛ラボのクチコミ体験談|おすすめ格安脱毛サロン

    有名モデルさんが多く通い、全身脱毛が格安でできるサロンといえば「脱毛ラ…

  4. 女性の鼻毛をキレイに処理する方法まとめ

    脱毛

    女性の鼻毛をキレイに処理する方法まとめ

    男性で鼻毛が出ている人をたまに見かけますが、女性でも気になる人をまれに…

  5. 効果的な光脱毛はどれ?IPL方式・SSC方式・SHR方式の違いと特徴

    脱毛

    効果的な光脱毛選び|IPL/SSC/SHR方式の違いと特徴

    脱毛クリニックはレーザー脱毛を採用し、脱毛サロンは痛みが少ない光脱毛を…

  6. 家庭用脱毛器で永久脱毛!?その効果とおすすめ人気アイテム

    脱毛

    家庭用脱毛器で簡単脱毛!その効果とおすすめ人気アイテム

    脱毛を始めたいけれど高額な料金は払えない、またはサロンに通う時間がない…

おすすめ記事

  1. 若さを取り戻す!簡単にできるつや肌メイクのテクニック
  2. 低価格のおすすめ人気脱毛サロン「脱毛ラボ」の実体験と口コミ
  3. 簡単にできる!美肌を意識した甘酒の美味しいおすすめレシピ
  4. 寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策
  5. 大手だけじゃない!人気の脱毛サロン8選&おすすめ脱毛グッズ
  6. プロテインドリンクを飲んでダイエット!おすすめの美味しいレシピ
  7. ムダ毛処理ではどちらを選ぶ?レーザー脱毛と光脱毛を徹底比較
  8. 今注目の蓄熱式脱毛の効果や回数ってどうなの?メリットとデメリット
  9. ボディスクラブの効果と使い方|すべすべ美肌対策

アーカイブ

  1. 人気ヘアケア!洗い流さないトリートメントの効果と正しい使い方

    ヘアケア

    人気ヘアケア!洗い流さないトリートメントの効果と正しい使い方
  2. 眉毛の悩みを一気に解決してくれるおすすめアイブロウ2選!

    メイク

    人気おすすめアイブロウ|メイク眉毛の悩みを解消
  3. 脱毛サロンに行く前に前処理が大切!ムダ毛をお手入れするポイント

    脱毛

    脱毛サロンは前処理が必須!ムダ毛をお手入れするポイント
  4. 忙しい朝は時短化粧品で素早くメイク!おすすめの人気アイテムを紹介

    メイク

    時短化粧品で素早くメイクするおすすめ人気アイテム
  5. 自分で在宅エステ!人気がある体の部位別おすすめの美容機器5選

    エステ

    自宅でセルフエステ|おすすめ美顔器とボデイ美容器
PAGE TOP