女性の鼻毛をキレイに処理する方法まとめ

女性の鼻毛をキレイに処理する方法まとめ

男性で鼻毛が出ている人をたまに見かけますが、女性でも気になる人をまれに見かけます。上手にお化粧していても、うっかり鼻毛が出ていたらそれだけで印象は最悪です。

毛深い人や空気中にホコリが多い都会に住んでいる人は、鼻毛が濃くなる傾向があり、女性でもお手入れをしておかないと恥をかく事になります。

そこで今回は、女性の鼻毛処理方法やお手入れの仕方についてご紹介。その他、鼻毛処理の注意点や鼻毛の役割についても掲載しています。

鼻毛の処理方法まとめ

しっかり根本から鼻毛処理したい場合は、エステサロンやクリニックで脱毛もできます。ただ、多くの場合、自分でカット処理する事になります。しかし、鼻毛の処理方法にはさまざまな方法がありますので、自分に合う方法を選んでキレイにしましょう。

鼻毛専用のハサミで切る

最も単純で気軽にできる処理方法といえば、「ハサミで切る」でしょう。ただし、鼻の中を傷つけないように「鼻毛切り専用ハサミ」の使用をおすすめします。全体的に小さく、刃先が丸くなっているなど、安全に使える工夫がしてあります。

上手な切り方のコツは、ハサミを縦にして鼻の中に入れ、なるべく中心部分を切る事です。あまりハサミを鼻の奥には入れないで、鼻の穴の下部の鼻毛を中心に切っていきます。

無理をすると鼻の中の皮膚を切ってしまうこともあるので、鼻の穴の中心のみを切る感覚でハサミを回転させながらまんべんなくカットしていきましょう。

メリット

ハサミで切る方法は、正しいやり方で処理すれば、鼻の穴の中の皮膚に余計な刺激を与えません。また、皮膚を傷つけずに気になる部分をピンポイントでカットできます。

デメリット

毛先をカットするので根元から取り除くことが難しいです。鼻の中の毛を全てキレイに脱毛することはできません。最低限の範囲で手軽に鼻毛処理する事が目的となります。

鼻毛専用ハサミをAmazonでチェックする

毛抜きで抜く

鼻毛が出ているのを見つけたとき、すぐに手や毛抜きで抜いたりする人もいるでしょう。しかし、鼻毛を強引に抜くことは鼻の中の毛穴に大きなダメージを与えます。

抜いた後の毛穴に雑菌がつきやすくなり、ひどい場合は嚢炎という炎症を起こすケースもあります。そうなると膿みがたまって治療するのに時間がかかるので、鼻毛は抜かないことが基本です。

特に、花粉症になっているときや風邪をひいているときなどには鼻の粘膜が敏感になっているので注意しましょう。

メリット

毛抜きで鼻毛をひっこ抜くと毛根から取り除けます。ある意味スッキリします。

デメリット

毛を抜いた後、細菌が原因で炎症を起こす事があり、ひどくなると毛嚢炎などの膿みを伴う炎症を起こします。

毛抜きをAmazonでチェックする

鼻毛カッターを使う

便利アイテムのひとつとして「鼻毛カッター」がありますね。一般的に棒状の先にカッターがついていて、鼻の穴に入れて鼻毛を安全に素早くカットできます。

ただ、残念ながら鼻毛カッターは目立ちやすい鼻毛のみをカットすることを目的としています。完璧に鼻毛を処理できないので、こまめな使用が必要です。

また、使い方に合わせてさまざまなタイプが販売されていて、防水加工で水洗い可能なタイプもあります。使用後のお手入れのことも考慮して選びましょう。

使用方法は、鼻の中に入れて粘膜に触れないようにクルクル回しながら鼻毛を切ります。このとき、鼻の奥には入れずに鼻の穴の下部のみを処理する事がポイントです。

メリット

安全性に配慮して設計されているため、鼻の穴の皮膚部分を傷つけることなく鼻毛のみをカットすることが可能。鼻の穴の粘膜を傷つけないことを第一に考えるのなら、鼻毛カッターがおすすめです。

デメリット

鼻毛カッターは安全性に配慮されている分、鼻毛の根元部分などは剃ることがほとんどできません。鼻毛を完全に取り去ってしまいたいと思う人には不向きですね。

鼻毛カッターをAmazonでチェックする

鼻毛カッターのイメージ画像

トリマー型の鼻毛カッター

しっかりと楽に鼻毛処理したい人におすすめなのが「トリマー型の鼻毛カッター」です。女性が使う電動式の眉シェーバーやフェイスシェーバーに似たタイプのカッターです。有名な商品としては「フィリップス|鼻毛・耳毛・眉毛トリマー」があります。

形としては女性の眉毛シェーバーに似ていて、眉毛を整える目的にも使えます。普通の鼻毛カッターでは処理が難しい部分も、鼻の中のフォルムにフィットしてきれいに取り除けます。しかも、耳毛や眉毛にも使えるので、毛深さに悩んでいる女性には嬉しいアイテムでしょう。

メリット

普通の鼻毛カッターでは剃れない部分もきれいに剃り落とすことができるので鼻の中がスッキリします。

デメリット

鼻の中のフォルムに沿って丁寧に剃っていかないといけないので、慎重に使用する必要があります。

トリマー型鼻毛カッターをAmazonでチェックする

トリマー型鼻毛カッター フィリップス|鼻毛・耳毛・眉毛トリマー

鼻毛ブラジリアンワックス

「ブラジリアンワックス」は、ハチミツをベースに作られた鼻毛専用の脱毛ワックスを使って鼻毛を処理する方法です。日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米ではよく使用されています。

使用方法としては、まず小皿にブラジリアンワックスを入れてから2~3分電子レンジで溶かします。次に温めたワックスをスティックにからめるようにして付け、少し冷ましてから鼻の中に入れます。鼻の奥の方に入れるのを避けながら、ワックスを鼻毛にからませていきましょう。

1分ほどで冷えて固まるので、一気にワックスの固まりを抜きます。このとき、少し痛みを伴いますが、できるだけ短い時間でサッと抜くとあまり痛みを感じません。

鼻毛を抜くことはよくないと前に説明しましたが、ブラジリアンワックスを使って抜くと毛抜きなどで抜く場合より余計な刺激を与えずに抜けるので皮膚へのダメージも少ないといわれています。

ただ、温めて使用するものなので火傷などにはくれぐれも注意しましょう。何よりも使用前には説明書をしっかり読んでから使用し、何か鼻の中に違和感があればすぐに医師に相談しましょう。

メリット

毛根からしっかり鼻毛が抜けるので、一度使用したら一か月くらいは処理を気にする必要がありません。

デメリット

抜く時に痛みを感じる場合があります。また、多くの鼻毛がなくなるので鼻毛によるフィルターの役割が減る分、鼻の中の環境が悪くなりやすいです。温めて使用するので適切に使用しないと火傷する危険性が伴います。

鼻毛脱毛ワックスをAmazonでチェックする

鼻毛脱毛専用のブラジリアンワックス キットセット

脱毛クリニック

脱毛クリニックの中には鼻毛処理をしてくれるところもあります。ただ、鼻の粘膜は敏感でリスクが高く、積極的に行っているクリニックは多くありません。脱毛方法としては、ニードル脱毛やレーザー脱毛で行います。痛みもあり、何度か通わなければいけないので、ある程度の覚悟が必要です。

ニードル脱毛やレーザー脱毛は、半永久脱毛に近い効果が期待できるので鼻毛の悩みを長い目で解決したい人には向いています。ただ、さまざま後遺症が起こりやすく、よほど鼻毛をなくしたいという強い意思がある人以外にはおすすめできません。ほかにも、ワックスを使う脱毛サロンもあります。

メリット

半永久脱毛が可能で、一度最後まで処理を行えば一生鼻毛に悩まないで済む可能性が高いです。また、ブラジリアンワックスでの脱毛を自分でできない場合、適切な形でやってもらえます。

デメリット

ニードル脱毛もレーザー脱毛もどちらも痛みを伴い、鼻の周囲の粘膜にダメージを与えやすく、鼻の中の毛穴に炎症が起こる可能性があります。

鼻毛処理の注意点

まずは、処理する前に鼻の中を清潔にします。鼻の中が汚れているとちゃんと鼻毛が切れない場合もあり、道具も汚れてしまいます。鼻の粘膜を傷つけても雑菌が入らないように、綿棒などでしっかり汚れを落としてから作業を始めましょう。

また、器具を使ってカットした場合は、鼻毛が中に残り皮膚トラブルの原因になる事があります。処理の後には、綿棒やティッシュペーパーで取り除くことも忘れないようにしましょう。後でカットした鼻毛が外に出て来るとイメージダウンにもなりますしね。

後、鼻毛は空気中のホコリや細菌、ウイルスが体に侵入するのを防いでいますので、あまりきれいに処理しすぎると身体の防御反応が衰えやすくなります。ですから、鼻毛が見えないくらいの簡単な処理が丁度いいのかもしれません。

鼻毛の長さの目安は、大体鼻の入り口から5mm程度が適切です。奥まで脱毛するのはさまざまな皮膚トラブルの原因になり、鼻の中の環境が悪化しやすいです。脱毛した後は、ベビーオイルや馬油などを綿棒につけて鼻の中に塗布し、保湿をしっかりしておきましょう。

そもそも鼻毛の役割とは

鼻毛は見た目は良くないですが、とても重要な役割を果たしています。たとえば、ウィルスやゴミ、雑菌、PM2.5などが体内に侵入することを防いでいます。鼻の奥にある喉や気管支、肺などを守るフィルターの役割ですね。

また、鼻の奥の粘膜の潤いを保ち鼻の中の温度を調節する役割もしています。特に、花粉症の人などは花粉症を重症化させないためにも鼻毛は大事ですね。ですから、見た目のことを考えると邪魔に感じる鼻毛も、身体の健康面ではある程度必要なのです。

ただ、鼻毛が他人に見える状態で放置しておくことはマナー的にもよいこととはいえないでしょう。身体の健康を損なわない程度のしっかりしたお手入れが大切です。

鼻毛が出やすい人とは?

鼻毛の生え方には個人差があり、人によっては鼻毛があまり生えていない人もいます。逆に、常に鼻毛が生えやすく気がつくと頻繁に鼻から見えている人もいます。これは、男性ホルモンの影響によると言われていて、比較的女性より男性の方が鼻毛は多いです。

また、都会の生活や仕事場の環境などでホコリなどを吸う機会が多い人や、タバコを常用している人は、鼻の中の環境を守るために鼻毛が伸びやすくなる傾向があります。

その他、鼻毛が見えやすい鼻の形をしているかどうかも関係してきます。鼻の穴が見えやすい形をしている人の場合、鼻毛が目立ちやすいので注意。

どのくらいの割合でチェックする?

女性の場合、メイクをするなど毎日鏡と向き合う時間が長いですから、男性に比べて比較的鼻毛には気がつきやすいでしょう。ただ、忙しい毎日を送っている人は、いちいち鼻毛チェックを行う余裕がない人もいるはずです。

なので、毎週休日ごとに鏡の前でしっかり鼻毛チェックを行いましょう。1週間に1回チェックすればOKです。鼻毛が生えにくい体質の人であっても23週間に一度くらいはしっかりチェックした方がいいでしょう。

まとめ

鼻毛の話というのは何となくタブー視されていて、大っぴらに話せない雰囲気があり、時には気づいても教えてくれません。なので、女性は特にセルフチェックが必要な部分でもあります。普段から鼻毛チェックを怠らず、しっかり処理しておきましょう。

  • 鼻毛の処理方法には、「専用ハサミ」「毛抜き」「鼻毛カッター」「トリマー型カッター」「脱毛ワックス」「クリニックやサロン」がある。
  • 鼻毛処理の前には鼻の中を清潔にする。
  • 鼻毛処理の後には保湿ケアがおすすめ。
  • 鼻毛の長さの目安は、大体鼻の入り口から5mm程度が適切。
  • 鼻毛の伸び方は、体質や環境で違う。
  • 鼻毛は1週間に1回はセルフチェックする。

関連記事

  1. 自分に合った脱毛サロンや脱毛クリニックを選ぶ5つのポイント

    脱毛

    自分に最適な脱毛サロンやクリニックを選ぶポイント

    最近は日本全国に多くの脱毛サロンやクリニックがあり、魅力的なプランも沢…

  2. おすすめ脱毛サロン「キレイモ」の無料カウンセリング体験とクチコミ

    脱毛

    キレイモの無料体験談と口コミ|おすすめ脱毛サロン

    スリム効果を期待できるマシンで全身脱毛を受けられるおすすめ脱毛サロンと…

  3. ムダ毛処理ではどちらを選ぶ?レーザー脱毛と光脱毛を徹底比較

    脱毛

    レーザー脱毛と光脱毛を比較|特徴とおすすめクリニック

    脱毛は身だしなみの1つとして常識となってますので、クリニックやエステサ…

  4. おすすめしたい全身脱毛サロン5選!価格・プラン・サービスを比較

    脱毛

    全身脱毛サロンの選び方|価格とプラン内容を比較

    (最終更新日:2017.12.21)少し前までは、ワキや腕、脚、顔…

  5. おすすめ人気脱毛サロン「ミュゼプラチナム」の特徴とクチコミ体験談

    脱毛

    おすすめ人気脱毛サロン「ミュゼプラチナム」の特徴とクチコミ体験談

    全国NO.1店舗数を誇る脱毛サロンといえば「ミュゼプラチナム」です!脱…

  6. 効果的な光脱毛はどれ?IPL方式・SSC方式・SHR方式の違いと特徴

    脱毛

    効果的な光脱毛選び|IPL/SSC/SHR方式の違いと特徴

    脱毛クリニックはレーザー脱毛を採用し、脱毛サロンは痛みが少ない光脱毛を…

おすすめ記事

  1. 食べるだけで簡単ダイエット!「干しぶどう酢」の効果と作り方
  2. 肌トラブル別!化粧水の有効成分まとめ[シミ・シワ・乾燥・たるみ
  3. 若さを取り戻す!簡単にできるつや肌メイクのテクニック
  4. 美肌ホルモンを活性化する!画期的なオールインワンクリームとは
  5. ティントオイルルージュとスティック状グロスの使い分け術
  6. 寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策
  7. 美容業界初のシワ有効成分!美肌酵素配合クリーム「珠肌のうみつ」
  8. ダイエットサプリの種類と選び方!効果が高いおすすめサプリメント

アーカイブ

  1. 30代から始める大人美容とアンチエイジング!やるべき事とやめる事

    スキンケア

    20代と30代以上のお肌の違いとスキンケア方法
  2. 脱毛サロンに行く前に前処理が大切!ムダ毛をお手入れするポイント

    脱毛

    脱毛サロンは前処理が必須!ムダ毛をお手入れするポイント
  3. メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方

    メイク

    メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方
  4. メイク

    魅力的な顔は瞳から!失敗しないカラコンの選び方
  5. 肌トラブル別!化粧水の有効成分まとめ[シミ・シワ・乾燥・たるみ

    スキンケア

    化粧水の有効成分まとめ|シミ・シワ・乾燥・たるみ
PAGE TOP