人気ヘアケア!洗い流さないトリートメントの効果と正しい使い方

人気ヘアケア!洗い流さないトリートメントの効果と正しい使い方

みなさんは髪の毛を洗う時に使う「洗い流さないトリートメント」を知っていますか?洗い流さないトリートメントは便利で人気が出てきていますが、正しい使い方を知らないと洗い上がりがパサついてしまいます。そこで、洗い流さないトリートメントの効果と正しい使い方を簡単に紹介します。

インバスタイプとアウトバスタイプ

トリートメントには2種類のタイプがあり、洗い流すトリートメント(インバスタイプ)洗い流さないトリートメント(アウトバスタイプ)にわかれています。お風呂の中で使うか使わないかの違いですね。

インバスタイプ

お風呂の中で使うインバスタイプは、シャンプーが終わった直後に使います。シャンプーが終わった後のキューティクル(毛の表皮)が開いた状態になっているので、洗い流すトリートメントを使うことで、髪のダメージに対して効果的な栄養を与えます。

また、髪のダメージによって傷んだ髪質をトリートメントによって、補っていくことになります。内部から補修してくれるので、髪全体をさらりとした質感に変える効果があります。髪のダメージが気になる方は洗い流すトリートメントを使って髪のケアがおすすめです。

アウトバスタイプ(洗い流さないトリートメント)

お風呂の外で使うタイプで、タオルで髪を乾かした状態で使います。髪を乾かした後は、キューティクル(毛の表皮)が閉じた状態になっているので、洗い流さないトリートメントを使うことで、髪の毛の外側を一本ずつ保護していきます。髪の毛の内部ではなく、外側をコーティングしてくれるので、外からのダメージをしっかりと防いでくれる効果があります。

洗い流さないトリートメントは、髪に栄養を与えて補修していくものではありませんが、熱や摩擦から髪の毛をしっかりと守ってくれます。ドライヤーや紫外線に対しても効果的です。

また、お風呂上りだけではなく、ヘアアイロンやコテを使う時にも使えます。熱によるダメージを守ってくれる効果があるので、ヘアメイクをする前にも使えるのは便利ですね!

製品によっては、濡れた状態か乾いた状態で使うかが変わってきます。効果的に使えるように、製品の特長を把握しておきましょう。

どちらがおすすめ?

洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントは、傷付いた髪を内部から補修するのか、髪を外側から守るのか、という風に使い方がわかれています。髪のダメージが気になる方は洗い流すトリートメント、髪を保護したい方は洗い流さないトリートメントを使っていきましょう。そして一緒に使ってあげることで、トリートメントの効果を高めることも可能です。

洗い流さないトリートメントの種類

洗い流さないトリートメントは、大きくわけると3種類にわかれます。特徴をまとめましたので、好みに合わせて使い分けましょう。

オイルタイプ

髪の毛をしっかりとコーティングする特徴を持っているのが、オイルタイプです。ドライヤーやヘアアイロンの熱によるダメージ、紫外線からのダメージ、タオルの摩擦によるダメージに強いので、髪をきちんと保護してくれる効果が期待できます。

そして、髪の毛のうるおいを閉じ込める効果もあるので、うるおいを長時間キープしてくれるところも嬉しいポイントです!

ミルクタイプ・クリームタイプ

髪の毛にうるおいを与えてくれる特徴を持っているのが、ミルクタイプとクリームタイプです。うるおいを髪に与えてくれるので、しっとりとまとまった髪の毛に仕上げてくれます。乾燥した状態の髪の毛がボリューミーな方におすすめです。

ミルクタイプならさっぱりとした仕上がりになり、クリームタイプはしっとりとした仕上がりになるので、使い分けできるのもポイントです!

ミストタイプ・エッセンスタイプ

軽い付け心地でうるおいを与えてくれる特徴を持っているのが、ミストタイプとエッセンスタイプです。髪を内部からケアしてくれるタイプの洗い流さないトリートメントなので、オイルタイプと組み合わせると効果的です。

洗い流さないトリートメントを正しく使うには?

お風呂上りに使うなら、シャンプーとトリートメントでしっかりとダメージをケアして髪をタオルで優しく乾かしてから使います。塗れたタオルだと髪の水分を吸い取ってくれず、上手く乾いてくれないので、乾いた状態のタオルを使って乾かしておきましょう。

タオルで乾かす時には髪を傷付けないために、やさしく包み込むように乾かしていきます。髪を触ってみて水が付かない状態で、しっとりとした髪になっていれば大丈夫です。ここでは、髪を完全に乾かさないようにするのがコツです。

髪をある程度乾かしたら、洗い流さないトリートメントを使っていきますが、頭皮に直接付かないように注意しましょう。髪の長さやダメージによって使う量が変わってきますが、ショートなら1プッシュ、ミディアムなら2プッシュ、ロングなら3プッシュ程度で使っていきます。あまり多い量を付けすぎないようにしましょう。

洗い流さないトリートメントを手のひらで伸ばしたら、髪の中央あたりから毛先に付けていきます。手グシを通していくように、やさしくすることを意識しましょう。髪のダメージが気になる時は、洗い流さないトリートメントを揉みこむように付けていきます。

しっかりと洗い流さないトリートメントを付けたら、ドライヤーで乾かして完成です!ドライヤーを使う時にも、熱が当たり過ぎないように。

ヘアアイロンやコテを使う時にも、熱によるダメージを防ぐために洗い流さないトリートメントを使っていきます。
熱でダメージを受けてしまうと、毛先がぱさついてしまいます。オイルタイプの洗い流さないトリートメントを使って、ヘアアイロンの熱から髪を守ることができます。

まとめ

・トリートメントはインバスタイプとアウトバスタイプでわかれている
・洗い流さないトリートメントは種類があり、使い分けることで効果が増す
・オイルタイプは髪をコーティングして保護してくれる
・ミルク・クリームタイプは髪にうるおいを与えてくれる
・ミスト・エッセンスタイプは軽い付け心地で、内部からうるおいを与えてくれる

髪の毛をしっかりとケアしたい方は、洗い流さないトリートメントを上手に使って、魅力的な髪を作っていきましょう!

関連記事

  1. 湯シャンは頭皮の臭いや薄毛に効果的!?方法と洗い方のコツ

    ヘアケア

    湯シャンは頭皮の臭いや薄毛に効果的!?方法と洗い方のコツ

    最近よくSNSで「湯シャン」というキーワードを見かけませんか?実は今、…

  2. ポニーテールを簡単きれいに作る方法まとめ

    ヘアケア

    ポニーテールを簡単きれいに作る方法まとめ

    ヘアスタイルは、女性の外見的な印象を瞬時に決定付けてしまうと言っても過…

  3. 髪のツヤとハリを取り戻す!頭皮・毛根を健康にして髪質を改善

    ヘアケア

    髪質改善でツヤとハリを|頭皮や毛根を健康にする方法

    くせ毛、薄毛、白髪と髪の悩みは人それぞれ、全く髪の悩みがない人の方が少…

  4. オーガニックシャンプーのメリットとデメリット!おすすめ商品3選

    ヘアケア

    オーガニックシャンプーの特徴|メリットとデメリット

    「オーガニックシャンプー」と聞くと市販のものより頭皮や髪によさそうなイ…

  5. ヘアスプレーの上手な使い方!思い通りのヘアスタイルにセットする

    ヘアケア

    ヘアスプレーの上手な使い方!思い通りのヘアスタイルにセットする

    女性はヘアスタイルが決まるか決まらないかで一日の気分も変わります。いか…

  6. 女性の髪のボリュームをアップさせる!細くて薄くなる原因とその対策

    ヘアケア

    女性の髪のボリュームをアップさせる!細くて薄くなる原因とその対策

    自分の写真を見た時に、「頭頂部や分け目の髪の毛が思っていたより薄い!」…

おすすめ記事

  1. 夏の体臭予防!プロ用わきが・加齢臭ケアクリームでニオイを解消する
  2. 家庭用脱毛器で永久脱毛!?その効果とおすすめ人気アイテム
  3. 乳化が重要ポイント!オイルクレンジングでメイク落とし
  4. 食べるだけで簡単ダイエット!「干しぶどう酢」の効果と作り方
  5. 若さを取り戻す!簡単にできるつや肌メイクのテクニック
  6. 髪がうねる原因と対策!ドライヤーの使い方とおすすめシャンプー
  7. 女性の鼻毛をキレイに処理する方法まとめ
  8. 今注目の蓄熱式脱毛の効果や回数ってどうなの?メリットとデメリット
  9. 低価格のおすすめ人気脱毛サロン「脱毛ラボ」の実体験と口コミ

アーカイブ

  1. メイク

    魅力的な顔は瞳から!失敗しないカラコンの選び方
  2. おすすめしたい全身脱毛サロン5選!価格・プラン・サービスを比較

    脱毛

    全身脱毛サロンの選び方|価格とプラン内容を比較
  3. 夏の体臭予防!プロ用わきが・加齢臭ケアクリームでニオイを解消する

    体臭予防

    ワキガと加齢臭の原因と対策|おすすめケアクリーム
  4. 湯シャンは頭皮の臭いや薄毛に効果的!?方法と洗い方のコツ

    ヘアケア

    湯シャンは頭皮の臭いや薄毛に効果的!?方法と洗い方のコツ
  5. ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較

    スキンケア

    ドクターシーラボのおすすめオールインワンゲル比較
PAGE TOP