髪がうねる原因と対策!ドライヤーの使い方とおすすめシャンプー

髪がうねる原因と対策!ドライヤーの使い方とおすすめシャンプー

子供の頃はストレートでキレイな髪の毛だったのに、大人になるにつれ髪の毛がうねってくる、そんなことはありませんか?

実は私も子供の頃はまっすぐキレイな髪質だったのに、二十歳になるころには美容師さんに「後頭部に髪の毛がうねるクセがあるね」と言われるようになり、出産も終えたアラフォーの今ではもはや天然パーマなみにうねうねしています。

髪の毛がうねるとヘアスタイルが決まらなくて嫌になりますよね。特に私の場合、鏡を見ながらスタイリングして「上手にできた!」と思っても、合わせ鏡でバックスタイルを見た時にうねりが残っていて徒労感を覚えることが多々あります…

そこで、髪の毛にうねりが出る原因と対策、髪のうねりを改善させるドライヤーの使い方、おすすめシャンプーなどをご紹介します。同じ悩みを持つ方も、一緒にうねりを改善させましょう!

髪の毛がうねる原因

では、実際にどのような原因が積み重なって頭皮が老化していくのかを知っていきましょう。これを知らずして対策はできませんからね!

原因① 加齢

まず、大人になるにつれて髪のうねりは増すので、加齢に伴うことというのは明確ですよね。加齢に伴う何が髪の毛をうねらせるのか?それは、頭皮の老化です。老化に伴い、健康状態が悪くなり毛穴がゆがむからなんです!

一度、うねりのひどい髪の毛が抜けた時に親指と人差し指の腹でサンドしてつーっと手触りを確認してみてください。健康な髪の毛の断面が円形な事に対して、うねっている髪の毛は楕円形で、しかもくねくねと楕円の方向が変わっているはずです。

しかも、うねっている髪はいろんな方向を向いているので髪の毛全体のまとまりも無くなり、つやも消えてしまいます。まさに良いことなし!

でも、「加齢なら仕方ない…」なんて諦めるのは時期尚早です。普段から見えている顔のお肌はシミやしわなどのエイジングサインに一生懸命抗いますよね?頭皮も一緒です!

ちょっと気を付けてケアするだけで明確に頭皮の老化を遅らせることができるので、ぜひ積極的にケアしていきましょう♪

原因② たんぱく質が足りない

髪の毛の健康のためには良質なたんぱく質が欠かせないのですが、日本人の食事には決定的にタンパク質が不足しています。ダイエット目的で野菜中心の食生活にしているとさらに栄養に偏りが出てきてしまい、髪の毛の健康を維持できません。

また、夏場の疲れが出ているときなども冷たくてのど越しの良いものばかり食べて体と髪の毛をさらに疲れさせてしまうこともあります。

原因③ 睡眠不足

仕事をしていたり、子育てをしたり…どうしても生活リズムは狂いますよね。肌荒れを見つけたらすぐにスペシャルケアをして取り繕っても、頭皮のことは見えないので後回しにしがちです。

理想は早寝早起き!10時に布団に潜り込むことが美しい髪の毛と美肌を育てるのですが、貴族でもないかぎりそんなことはできません(笑)

洗濯ものを畳むのなんか後回し!せめて、12時までには就寝するように心がけましょう。

原因④ シャンプーの刺激が強すぎる

市販品のシャンプーには、洗浄成分が強すぎるものが多々あります。それをごまかすために手触りを良くする成分を重ねて重ねて…保存料を入れて…香料でキツイ匂いをごまかして…という状態。

若い頃はそれでも大丈夫だったかもしれませんが、加齢に伴い頭皮が影響を受けやすくなった今、シャンプーの見直しが必要になります。

後でおススメのシャンプーをご紹介しますので、元から気になっていたものや気に入った物があれば、ぜひこの機会にトライしてみましょう。

原因⑤ シャンプーの後にちゃんと乾かさない

面倒なので自然乾燥!という方、意外に多いんですよね~。ちなみに私も元は自然乾燥派でした。あと、出産後数年も乾かしている暇がなく自然乾燥させていました…

この、髪の毛をしっかりドライヤーで乾かさないことは、うねりにものすごく影響します。髪の毛は一度生えてしまうと補修がききません。傷んでいく一方なのです。

それを濡れた状態で放置し、半がわきのまま寝てしまったら傷みますよね。しかも、乾きにくいのは髪の毛が密集している頭皮の方なので、いつまでもじっとりとした悪い環境のまま放置していることになります。

生えている髪の毛も傷め、頭皮の環境も悪くしているので、必ず寝る前に髪の毛を乾かす癖を付けましょう!

髪のうねり対策は?

原因を知ったら対策が見えてきますね。食生活を改善して早寝早起きを心がける!シャンプーを見直して必ずドライヤーで乾かす!

…全部は無理ですね。

生活を見直すのは物理的に無理な場合があるので、まずはヘアケアを見直しましょう。シャンプーを髪と頭皮に優しいものに変えて、乾かすときにも一工夫すれば違ってきますよ!

髪うねり対策のおすすめシャンプー

目指すはしなやかなツヤとまとまりのある髪の毛!そして、頭皮のストレスを高めない洗浄成分配合のモノが理想です。

髪うねり対策のおすすめシャンプー

ハウス オブ ローゼ|バオバリッチ ダメージケア シャンプー

ハウス オブ ローゼ|バオバリッチ ダメージケア シャンプー

洗浄成分がすべて安全性の高い、低刺激のもので作られたシャンプーです。しかも、保湿成分として加水分解バオバブエキスやマルーラ油、セラミドなどのCMC類似脂質、加水分解ケラチンまで配合!

お値段高めですが、ポイント制度があってステージが上がればなかなかの高還元率でポイントがたまります。オンラインでも購入可能ですが、店頭ではちょいちょい色んなサンプルがもらえてお得感もありますよ。

ハウス オブ ローゼのシャンプーをAmazonで購入する

さくらの森|ハーブガーデン シャンプー

さくらの森|ハーブガーデン シャンプー

よくある市販のなんちゃってではない、正真正銘のノンシリコン、アミノ酸シャンプーです。コレでもかと言うくらいにボタニカル成分にこだわり、保湿効果もしっかり考えられています。

「価格が高いのは良いものを使っているから仕方がないかな。」と思わせてくれる珍しいシャンプーと言えます。

ちなみに、定期購入コースにするとなんと半額で買えます!しかも、初回のみ15日間返金保証がついているので使った後でも自分に合わない場合は返品できるんですよ!すごいですね!

さくらの森のシャンプーをAmazonで購入する

HARICOC RK|シャンプー(しっとりタイプ)

HARICOC RK|シャンプー(しっとりタイプ)

これも洗浄成分がアミノ酸系のみで作られた低刺激シャンプーです。ボタニカル成分に加えて加水分解ケラチンや加水分解シルク、白金も配合されていてバランスが良いですね。

使い続けるとハリ・コシが出てまとまりのある髪質に導きます。こちらもお得な定期購入があり、10%オフで購入可能。ポイントも5%溜まっていくのでお得です♡

自分の髪質や頭皮にピッタリ合うものを見つけるのはナカナカ大変なのですが、トライアルセットなどを上手に活用して根気よく探していきましょう。

HARICOC RKのシャンプーをAmazonで購入する

髪の毛を優しく乾かそう!ドライヤーのコツ

シャンプー選びも大事ですが、髪の毛を優しく乾かすのも重要です。コツを知って今日からでも取り入れてみてください。

加齢による髪のうねり対策 髪の毛を優しく乾かそう!ドライヤーのコツ

ドライヤーの前にタオルドライと保湿!

タオルでしっかり水分が吸い取ると、ドライイヤーの時間が短く済みます。まずはしっかりとタオルで水気を切りましょう。摩擦は気になりますが、しっかり地肌まで指の腹でタオルを押し当ててください。ごしごしーっ!としない限りはそんなに気にしなくても大丈夫です。

そして、ドライヤーの前にオイルで保護&保湿。適量(ロングの方で片側3滴程)を掌に出したら両手でしっかり伸ばして温め、髪の毛の内側から手ぐしでなじませます。

これをする、しないで仕上がりがずいぶん変わりますので、ぜひお試しください。ホホバオイルやアルガンオイルがおススメです。

ドライヤーは20㎝離して内側から

頭皮を先に乾かすイメージで、髪の毛を少し持ち上げながら乾かしていきましょう。そうしていると毛先は勝手に乾きます。一か所に温風を当てずにドライヤーを左右に振ってくださいね。

ブラシと冷風で明日のヘアスタイルの元を作る!

うねりが気になる私たちが押さえておきたいヘアケアのひと手間がコチラ!できるだけ天然毛のブラシを使い、髪の毛を上から3つくらいのブロックに分けて中側の毛から上から下にブラシ&冷風!面倒くさいのですが、翌朝のスタイリングが嘘みたいに楽になりますよ♡

ちなみに、ブラシを新しく購入なさるならロール状になっているものが後頭部も使いやすくて便利です。

さいごに:男性は女性らしさをどこで感じるか?

ある雑誌のアンケートで男性が女性のどの部分に”女性らしさ“を感じるのか、というモノがありました。答えには華奢な肩、滑らかな手、引き締まったウエスト…そして、艶のある美しい髪の毛という項目も入っていました!

全部叶えてるのなんて女優さんくらいだよ~と嘆きたくもなりますが、やはり悔しい。ここは一つ、今までのヘアケアにちょっとだけ今回のコツを取り入れて、うねりの無いしっとりまとまった髪の毛を目指しましょう。

関連記事

  1. ドライヤーの使い方とコツ|冷風クール機能を上手に活用

    ヘアケア

    ドライヤーの使い方とコツ|冷風クール機能を上手に活用

    髪の毛を洗った後に、多くの女性がドライヤーで髪の毛を乾かしますよね。た…

  2. ヘアスプレーの上手な使い方!思い通りのヘアスタイルにセットする

    ヘアケア

    ヘアスプレーの上手な使い方!思い通りのヘアスタイルにセットする

    女性はヘアスタイルが決まるか決まらないかで一日の気分も変わります。いか…

  3. ポニーテールを簡単きれいに作る方法まとめ

    ヘアケア

    ポニーテールを簡単きれいに作る方法まとめ

    ヘアスタイルは、女性の外見的な印象を瞬時に決定付けてしまうと言っても過…

  4. 女性の白髪の原因って?その対策とおすすめヘアカラー&白髪染め4選

    ヘアケア

    女性白髪の原因と対策|おすすめ白髪染めヘアカラー

    (最終更新日:2017.12.19)30代、40代と年齢を重ねる毎…

  5. オーガニックシャンプーのメリットとデメリット!おすすめ商品3選

    ヘアケア

    オーガニックシャンプーの特徴|メリットとデメリット

    「オーガニックシャンプー」と聞くと市販のものより頭皮や髪によさそうなイ…

  6. 女性の髪のボリュームをアップさせる!細くて薄くなる原因とその対策

    ヘアケア

    女性の髪のボリュームをアップさせる!細くて薄くなる原因とその対策

    自分の写真を見た時に、「頭頂部や分け目の髪の毛が思っていたより薄い!」…

おすすめ記事

  1. 肌トラブル別!化粧水の有効成分まとめ[シミ・シワ・乾燥・たるみ
  2. 夏の体臭予防!プロ用わきが・加齢臭ケアクリームでニオイを解消する
  3. 痛くないの?美容鍼の効果やメリットとデメリット
  4. 今注目の蓄熱式脱毛の効果や回数ってどうなの?メリットとデメリット
  5. ティントオイルルージュとスティック状グロスの使い分け術
  6. 髪がうねる原因と対策!ドライヤーの使い方とおすすめシャンプー
  7. 上手なメイクでうるツヤ肌に!化粧下地のコツとおすすめアイテム
  8. デートに使える!人気おすすめキラキラアイシャドウと使い方
  9. お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点
  10. 食べるだけで簡単ダイエット!「干しぶどう酢」の効果と作り方

アーカイブ

  1. 女性の髪のボリュームをアップさせる!細くて薄くなる原因とその対策

    ヘアケア

    女性の髪のボリュームをアップさせる!細くて薄くなる原因とその対策
  2. 自分で在宅エステ!人気がある体の部位別おすすめの美容機器5選

    エステ

    自宅でセルフエステ|おすすめ美顔器とボデイ美容器
  3. メイク

    魅力的な顔は瞳から!失敗しないカラコンの選び方
  4. 女性の鼻毛をキレイに処理する方法まとめ

    脱毛

    女性の鼻毛をキレイに処理する方法まとめ
  5. 美容業界初のシワ有効成分!美肌酵素配合クリーム「珠肌のうみつ」

    スキンケア

    珠肌のうみつ|シワ有効成分配合の美肌酵素クリーム
PAGE TOP