泳げなくても効果あり?水泳ダイエットを実践してみた

泳げなくても効果あり?水泳ダイエットを実践してみた

私もこれまでさまざまなダイエットを試してきましたが、やはり、食事制限だけで痩せるには限界があります。適切な食生活に気を配りながら、きちんと運動も行うという両車輪で、初めて効果的に減量することができるのです。

しかしながら、「意識的に体を動かす」ことは、なかなか難しいです。ランニングはハードすぎるし、ウォーキングのモチベーションは天候に大きく左右されます。器具を使ったトレーニングも、汗を垂れ流しながら黙々と取り組むことが個人的には難しく、すぐにギブアップしてしまいました。そんなときに目を付けたのが、ズバリ「水泳ダイエット」です。

水泳ダイエットは、浮力によってひざや腰への負担を軽減しながら、自然と全身運動を繰り返すことができるという効率的なダイエット手法です。消費カロリーも大変高く、脂肪燃焼や引き締めといった嬉しい効果が期待できます。とうことでさっそく、「水泳ダイエット」に挑戦してみました!

水泳ダイエットの準備

まず始めたのは、「プール選び」です。今は、多くのスポーツジムがプール施設を併設していますから、一年中泳げる環境は比較的容易に見つかることと思います。しかし、今回私が選んだのは市営の屋内プールです。

比較的安価なことに加え、登録なしで1日から利用できることが選定の決め手となりました。皆さんも一度、自治体のスポーツ施設について調べてみると、意外な耳より情報をゲットできるかも知れません。

次に、「道具」の購入を行うことにしました。手元に、友人と海に行った際に着用したビキニはあったのですが、そのような格好をしてスポーツ施設に来ている利用者はいません。皆、フィットネス水着を着用しています。

近くのショッピングモールでも購入できたのですが、スポーツ用品店であれば、「水着・キャップ・ゴーグル」が3点セットで売られていたので、こちらをチョイスしました。キャップの着用は義務化している施設も多いですし、個人的にはゴーグルも必須だと思います。

なお、水着は着脱の利便性を考えて、上下セパレートのものにしました。上は、半そでと袖のないタイプがありましたが、体型隠しと脱毛の手間を考えて(笑)、半そでのものを選びましたよ。水中でも特段動きに違和感はなかったので、正解だったと思います。

水泳ダイエット開始!

それでは、いよいよプールへ出発です。水泳ダイエットは水中に入る前に、ある程度運動を行っていた方が脂肪の燃焼が早まるので、プールに至る15分程度の距離は歩いて向かいました。

その際服の下に水着を着こんでいたのですが、この状態でウォーキングすると、いつもよりしっかり汗が出る!この手法は、ぜひオススメしたいです。その後、すぐにシャワーを浴びますし。

もちろんウォーキングは行わないにしても、水に入る前にストレッチなどで体をほぐすことは忘れないでくださいね!けがや事故防止のためにもなります。ここで断言してしまいますが、私はほとんど泳げません(笑)プールに入ったのも何年振りか、思い出せないです。

しかし、水泳ダイエットの良いところは、歩くだけでも十分な効果が得られるということです。水中にいるというだけでただのウォーキングより多くのカロリーを消費できる上、水の中をふわふわ歩くという行為にはリラックス効果もありますから、私は率直な感想として「楽しい!」と感じましたね。

水泳ダイエットはプールで歩くだけ

少しだけビート板やクロールのようなかたちで泳いでもみたのですが、今の私にはハードすぎるようで、ダイエットのキモである「一定の時間続ける」、「長い期間続ける」ということが難しい気がしましたので、すぐに止めました。しかしながら、当然泳いだ方が更に高いカロリー消費を期待できるので、少しずつ挑戦できたら良いかなと考えています。

水泳ダイエット初日は1時間半のウォーキングで終了したのですが、その帰り道、一つの変化が起きました。身体が凄まじくかゆい!特に下腹や太ももの辺りがヒリヒリして、驚きました。これは、普段血行が良くない部分に血液がまわることによって起こる現象なんですね。う~ん、日ごろの運動不足が身に沁みました(泣

効果とデメリット

水泳ダイエットの頻度なのですが、週3回程度が望ましいです。水に入るという行為は、心地よいながらもとにかく疲労しますから、このくらいの頻度であれば、効果を期待しつつ、無理のない継続が可能でしょう。

そして、こちらのダイエットのデメリットについても書き記しておきますね。水泳ダイエットは多大な運動量を伴うがゆえに、終了後にはとにかくお腹がすきます。

しかし、ここで必要以上に食事を摂ってしまえばダイエットの意味がなくなりますし、そのまますぐに眠りに落ちそうになるんですよ。ここはぐっとこらえ、食事量を増やすことはやめましょう。一方、水中とはいえ多くの汗をかいていますから、水分補給はこまめに行いましょうね。また、塩素で傷んだ髪のアフターケアも忘れずに。

さて、155cmの私が水泳ダイエットを始めた結果、何と3日で1Kgの減量に成功しました!この期間は張り切って連続で泳いでいたんですけどね。(汗)最近とにかく体重が落ちにくくなっていたので、即効性の高さに驚きです。今後は前述の通り週3程度のペースに落とし、長い期間続けられるよう励みたいと思います♪

ダイエット関連の本をAmazonで購入する
人気ダイエットアイテムをAmazonでチェックする

関連記事

  1. 簡単にやせたい!おすすめドローインダイエットの効果と方法

    ダイエット

    簡単にやせたい!おすすめドローインダイエットの効果と方法

    ダイエット方法には、本当にさまざまです。しかし、無理がある極端なダイエ…

  2. 楽してやせたい!ダイエット食品&サプリメントの効果とは?

    ダイエット

    ダイエット食品やサプリメントの効果|おすすめ商品

    (最終更新日:2017.12.20)脂肪を減らして痩せるにはさまざ…

  3. 炭水化物やお肉はダイエットの味方!痩せたい人の身体作りとは?

    ダイエット

    炭水化物やお肉はダイエットの味方!痩せたい人の身体作りとは?

    やせる身体を作るには、消費カロリーと摂取カロリーのバランスを取ることが…

  4. 筋膜リリースで健康的にダイエットする方法と効果

    ダイエット

    筋膜リリースを使った健康的ダイエット方法と効果

    最近テレビなどで「筋膜リリース」という言葉をよく聞きますが、ダイエット…

  5. ダイエットサプリの種類と選び方!効果が高いおすすめサプリメント

    ダイエット

    ダイエットサプリの種類と選び方|人気おすすめサプリメント

    ダイエットサプリは、お悩み別にさまざまな種類があります。そこで、ダイエ…

  6. プロテインドリンクを飲んでダイエット!おすすめの美味しいレシピ

    ダイエット

    プロテインドリンクでダイエット!効果とおすすめレシピ

    ダイエットは常に新しいトレンドが作られています。新しいダイエット法を試…

おすすめ記事

  1. シャワーヘッド交換でヘアケアと美肌効果!人気おすすめ商品4選
  2. フェイスラインを取り戻す!人気おすすめホームエステ家電と美顔器
  3. 人気のおすすめボディバターまとめ|乾燥肌をしっとり肌に
  4. 今注目の蓄熱式脱毛の効果や回数ってどうなの?メリットとデメリット
  5. 美肌ホルモンを活性化する!画期的なオールインワンクリームとは
  6. 効果的な光脱毛はどれ?IPL方式・SSC方式・SHR方式の違いと特徴
  7. 忙しい朝は時短化粧品で素早くメイク!おすすめの人気アイテムを紹介
  8. 寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策
  9. メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方
  10. おすすめしたい全身脱毛サロン5選!価格・プラン・サービスを比較

アーカイブ

  1. おすすめ人気脱毛サロン「ミュゼプラチナム」の特徴とクチコミ体験談

    脱毛

    おすすめ人気脱毛サロン「ミュゼプラチナム」の特徴とクチコミ体験談
  2. エステ

    初めてのエステサロンの選び方|無料体験のすすめ
  3. 体臭予防はリラックスから!ストレスが汗の臭いを強くする

    体臭予防

    ストレス解消で汗の臭いを抑える|リラックスで体臭予防
  4. ブーツの足ムレ臭いの原因とは?消臭対策とおすすめ石鹸

    体臭予防

    ブーツの足ムレ臭いの原因とは?消臭対策とおすすめ石鹸
  5. 寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策

    スキンケア

    寒い冬のスキンケア!オフィスで簡単にできる冷えと乾燥対策
PAGE TOP