ブーツの足ムレ臭いの原因とは?消臭対策とおすすめ石鹸

ブーツの足ムレ臭いの原因とは?消臭対策とおすすめ石鹸

寒い時期のファッションに欠かせないブーツ。温かくてカワイイから愛用している女性は多いですが、ムレた足の臭いは問題です。しっかりケアしないと脱いだ時に臭気がムワッと立ち上ります・・。そこで、足の臭いの原因と対策をまとめました。

足の臭いの原因は?

足は体温調節の為にたくさんの汗をかく部位です。しかし、足にあるのはエクリン腺という汗腺が大半で、ここから出る汗自体には臭いはほとんどありません。足の臭いを作る原因は菌の繁殖なのです。

汗をかくことで湿気が生まれ、靴で覆われていている時間が長く続くと菌の活性が促されます。特にブーツは湿気が抜けにくく、菌にとってはとても快適な状態と言えます。そして、皮膚から出る古い角質を餌として分解し、臭いの元を大量放出します。

また、いくら足の臭いケアをしていても靴がクサいと問題は解決しません。臭いの元になるブーツは湿気が逃げにくい構造の為、他の靴よりも念入りなケアが必要になります。

そして、意外と盲点なのは靴下やタイツに染みついてしまった臭いです。これは洗った後は気づかないことが多いのですが、履いているうちに臭いが復活して足がクサい原因となります。

足の臭いをケアしようと思ったら、足と靴、そして靴下の3点を同時にケアをしないといけないという事ですね。

足の臭いの原因は菌

足クサ危険度のチェックリスト

各項目で2つ以上当てはまると足がクサくなる危険度が高い状態です。臭いを意識したことがなかったなら、気付いていないのはあなただけかもしれません…!自分は大丈夫かチェックしてみましょう。

靴の中の環境が悪いリスト

  • パンプスやブーツを好んで履く
  • 革製・合皮製の靴を履いている
  • 化学繊維のタイツやストッキングを履いている
  • 運動量が多い
  • 同じ靴を連日履くことがある
  • ヒールが高い・小さめの靴で足に負担をかけている

足に原因があるリスト

  • ペディキュアをしている(爪を短くしていない)
  • 足は体のついでに最後に洗うだけ
  • シャワーだけでお風呂を済ませることが多い

足の臭いを消す、有効な対策は?

第一の対策は、足を清潔に保つことです。毎日お風呂で軽く足を洗っているだけでは不十分です。正しい洗い方を知りましょう。

①体を洗った後に、足を洗う新しい泡を作る

体を洗う時には、まず上半身から洗いますよね。首や腕から始まり背中やお腹、下半身を洗っていくと思うのですが、その流れで足を洗っていませんか?体全体を洗っていくうちに石鹸の威力は確実に落ちています。

なのに、一番汚れている足が最後では十分に洗えません。足を洗う時にはタオルやスポンジを一度洗い流し、再度石鹸を泡立てる必要があるのです。欲を言えば、足用に除菌・デオドラント効果のある石鹸を用意するとベストですね。

②ペディキュアなどで爪が長い場合はブラシを使う

新しい洗浄力がある泡で足を洗ったら、爪と皮膚の間を専用ブラシで仕上げましょう。垢がたまりやすく臭いの温床となりがちな部分だけに、しっかり隅々まで洗う必要があります。この工程を入れると入れないではかなり差が出ますので、面倒でも手間を惜しまないようにしましょう。

③シャワーだけの場合も足浴だけはする

洗面器など、足全体が入る容器にお湯を張って温まるまで浸けておきましょう。足の皮膚が柔らかくなって汚れも浮きやすくなりますし、疲れも取れます。

この時、重層を大さじ3杯入れて浸かる足ケア法もありますが、しっかりと石鹸で洗えるようであれば必要ありません。(強烈な発酵臭に悩まされている場合はこの原因である弱酸性のイソ吉草酸を重層のアルカリで中和するこの手法が有効とされています。)

④週に一度は角質ケアをする

足は体の中で特に皮膚が厚い部分です。厚い皮膚からはたくさんの角質が出されるのですが、これをエサにして菌が臭いを発生させるので、週に一度はスペシャルケアをするといいでしょう。

現在は、スクラブや足専用のやすりなど、手軽に始められるグッズもたくさんありますが自宅にあるものでも代用できます。

【手作り足用スクラブを使ったスペシャルケア】

基材としてオリーブオイルやハチミツなどを大さじ2、そこに砂糖か塩大さじ2を入れて混ぜます。保湿をより求める冬場は、はちみつと砂糖の組み合わせが最強です!お風呂場でやさしく足をスクラブマッサージしたら数分置いて洗い流しましょう。

足の臭いを消す、有効な対策は足をしっかり洗う

足の臭いをケアする石鹸

臭いの原因は菌なので、菌そのものの数を減らしてくれる除菌・殺菌効果のある石鹸が、足の臭いケ対策におすすめです。

薬用せっけんミューズ

一番手軽かつコスパの良い薬用石鹸です。安心の医薬部外品で、体の臭いケアに効果てきめんと言う口コミ多数。実際に私も足洗い用として浴室に常備しています。

米国食品医薬品局(FDA)で使用に規制がかかったトリクロカルバンは使われなくなってさらに安心性が増しましたね!現在の有効成分はイソプロピルメチルフェノールです。低刺激で安全な殺菌性が期待できる石鹸です。

ブーツの足の臭いを洗う 薬用せっけんミューズ

アニセ薬用石鹸

足の臭い対策を主として作られた石鹸です。イソプロピルメチルフェノールの他にもデオドラント成分として渋柿エキス(カキタンニン)などが含まれているので殺菌だけでなく臭いの発生を抑えるダブル効果が期待できます。価格はちょっと高いのですが、本気で足の臭いを消したいならおすすめです。

ブーツの足の臭いを洗う アニセ薬用石鹸

LUSHパミスパワー

軽石が入ったスクラブとして使える石鹸です。もちろん泡立てて足を洗うことが出来ます。スイートオレンジオイル配合で香りも良いし、使い心地がとても軽やかで生活に潤いとトキメキを求める女性におすすめです。薬用せっけんではないものの、スクラブと石鹸と癒しの香りで一つ三役なのです。

ブーツの足の臭いを洗う LUSHパミスパワー

こっそり臭いをケアする靴下事情

足をしっかり洗っても、菌はゼロにはなりません。足の汗を止めるのも不可能です。ブーツを履く、または靴を長時間履いておかなければいけない状態でも臭いが発生しにくくするコツは、靴下やタイツにあります。

化学繊維を避ける

通常靴下は綿素材が一般的ですが、安い靴下の場合化学繊維が使われていることがあります。特に冬場の靴下に多く使われているので確認してから買いましょう。

タイツやストッキングはほぼ化学繊維のモノが主流になります。ウールやシルク混のタイツは暖かくて風合いがカワイイのですが、高価です。消耗の激しい日常使いタイツには向きません。タイツやストッキングを着用するときはインナーソックスがおすすめです。

綿素材の5本指が良く見られますが、フットカバータイプや踵ナシの指先のみのタイプなど様々あります。シルク混の足首まである薄手のモノはタイツの下に履いても目立ちにくく、靴下の重ね履きをすると冷え取りになります。傷みやすいのが難点ですが、絶対に見えないアイテムなのでボロボロになるまで履きつぶしましょう。

消臭機能のある靴下・タイツを選ぶ

靴下に消臭機能は昔からありましたが、最近ではタイツやストッキングでも販売されるようになりました。お値段は高くなりますが、重ね履きすることで厚みが出てパンプスが履けない!ブーツがきつくなった!などという事態を避けるためにも数枚持っておいた方がいいかもしれません。

もし小さい靴を履いているならば、ストレスとなって汗が多くなるというデメリットも考えられるので、我慢は禁物ですよ。

臭いが付いてしまった靴下はアイロンがけ

普通の洗濯では臭いが取り切れない場合はアイロンで除菌しましょう。綿素材はそのままでもいいのですが、ウールや化学繊維が入っている場合は当て布をして中温で行ってください。

ブーツの臭いを取る方法

せっかく足の臭いケアしてもブーツがクサいままではやはり人前では脱げない状態です。簡単な方法からプロにお任せする方法までご紹介します。

履いた後は新聞紙で湿気を取る

一番簡単な方法がこれ。履いた後のモワッとした湿気を丸めた新聞紙を入れて吸収させるという手法です。帰ってきたらすぐに詰めて、寝る前に取り出すだけのお手軽ケアです。

重層で手作り消臭シューキーパー

湿気を取ったら次は消臭です。使わなくなった靴下に重層を入れて縛るだけで出来上がり。消臭効果がなくなったら中身を取り換えましょう。使い終わった重層はお掃除に再利用できます。

消臭効果のある中敷きを使う

普通の中敷きを使って、履くたびに取り出して干しておくだけでも十分効果あるのですが、できれば消臭効果のあるものを使いましょう。安心度が違います。

プロのクリーニングに出す

臭いがすでにこびり付いている場合や履いた時に雨が降ってきてブーツのコンディションが悪くなった時にはプロに任せましょう。

通常洗えないような素材の靴やブーツも洗ってもらえますし、除菌・消臭がセットになっている場合が多く、戻ってきた靴は鼻を近づけて臭いを嗅いでも不快にならないほどですよ。

さいごに

一般的に『足がクサいのは男性』と思われがちですが、それは汗の量が多いだけであって菌の発生しやすい環境に足が持っていかれやすいのは女性です。男性の多くは一般的な考えで思い込んでいるので女性は更にコンプレックスになりますよね。

慌てて臭いを消そうと別の香りを足すのは逆効果なので、緊急の場合は一度お手洗いに行って除菌ウエットティッシュで足を丁寧にふき取りましょう。更に替えのストッキングがあれば完璧です。電話でもかかってきたふりをしていけば大抵の男性にはバレません(笑)

足の臭いに邪魔されず、自分がしたいファッションを思う存分楽しみましょう♪

関連記事

  1. 体臭予防はリラックスから!ストレスが汗の臭いを強くする

    体臭予防

    ストレス解消で汗の臭いを抑える|リラックスで体臭予防

    最近、日本人の清潔志向も影響して自分自身の臭いを気にする人は多いですよ…

  2. 夏の体臭予防!プロ用わきが・加齢臭ケアクリームでニオイを解消する

    体臭予防

    ワキガと加齢臭の原因と対策|おすすめケアクリーム

    (最終更新日:2017.12.19)ワキガのニオイに悩んでいる方や…

  3. 体臭予防

    めかぶのフコイダンが体臭を予防する!効果的な食べ方とレシピ

    もしあなたが気になる体臭を消したいな、ら香水など別の香りでごまかすこと…

おすすめ記事

  1. アイラインのタトゥー「アートメイク」とは?
  2. 美容業界初のシワ有効成分!美肌酵素配合クリーム「珠肌のうみつ」
  3. オーガニックシャンプーのメリットとデメリット!おすすめ商品3選
  4. おすすめ脱毛サロン「キレイモ」の無料カウンセリング体験とクチコミ
  5. 眉毛の悩みを一気に解決してくれるおすすめアイブロウ2選!
  6. お肌のアンチエイジングケアは何歳から始める?その効果とやり方
  7. 上手なメイクでうるツヤ肌に!化粧下地のコツとおすすめアイテム
  8. 自分に合った脱毛サロンや脱毛クリニックを選ぶ5つのポイント
  9. ティントを使わず口紅リップメイクが落ちにくくなる方法

アーカイブ

  1. クリニックのレーザー脱毛の種類!その特徴とメリットとデメリット

    脱毛

    クリニックのレーザー脱毛の種類!その特徴とメリットとデメリット
  2. お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点

    スキンケア

    お肌の美容法ピーリングとは?その効果と注意点
  3. 若さを取り戻す!簡単にできるつや肌メイクのテクニック

    メイク

    お肌の若さを保つスキンケアの基本メイクテクニック
  4. メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方

    メイク

    メイクのイメージが変わる!効果的なチークの入れ方
  5. メイク

    魅力的な顔は瞳から!失敗しないカラコンの選び方
PAGE TOP